恋愛

愛があればお金なんて…は甘い!【婚姻費用・日常家事債務の連帯責任編】

弁護士に聞いてみた

「愛があればお金なんて!」 というお気持ちの夫婦もいらっしゃるかと思いますが、現実はそう甘くはありません。前回は、法定財産制と夫婦財産契約についてお話しましたが、今回は、婚姻費用、日常家事債務の連帯責任、特有財産と夫婦共有財産について解説します。


婚姻費用って何?

民法では、「夫婦は、その資産、収入その他一切の事情を考慮して、婚姻から生ずる費用を分担する。」 と定められています(民法760条) 。

前回もお話しましたが、この「婚姻費用」 とは、簡単に言うと夫婦生活を送るための生活費のことです。一般的に、衣食住の費用、医療費、娯楽費、交際費、預金、保険料など将来に備えるための費用、子どもの養育費や教育費など、家計簿の費目に挙げられるような費用を指します。

婚姻費用は、夫婦間で分担すべきものとされていますので、たとえ別居状態になったとしても婚姻関係が続いている以上は、各自が分担することになります。

もっとも、具体的な分担については、夫婦の合意で決めることなります。


婚姻費用ってどうやって決めるの?

家計

通常は、それぞれの費目について誰がどれくらい支払うのか決めるというよりも、全体としての生活費をどのように分担するかを決め、また、財布を預かる家計担当を決めることが多いと思います。例えば、妻が専業主婦の場合には、妻が家事や育児を担当し、夫が家計を担当する妻にお給料の入る通帳とキャッシュカードを渡すといった形になることも多いでしょう。

また、民法では、「夫婦は同居し、互いに協力して扶助しなければならない。」 と定められています(民法752条) 。

これには生活保持義務と言われるものも含まれており、夫婦は、婚姻生活を送るうえで、お互いに同等レベルの生活を営めるように配慮する義務を負っています。そのため、他方だけが贅沢をして良いというわけではなく、自分と同等レベルの生活を相手にも保障しなければならないと考えられています。


婚姻費用を請求できる場合って?

費用請求

一般的には、収入が多い方が収入の少ない方に婚姻費用を支払わなければならず、支払がなされない場合には、民法に基づいて婚姻費用の分担を請求することができます。


よくあるケースは、夫婦が別居している場合です。例えば、別居をきっかけに夫が妻に生活費を渡してくれなくなったという場合には、妻は夫に対して婚姻費用を分担するよう請求することができます。


また、夫婦の社会的地位や収入に差がなかったり、相手よりも自分の収入のほうが多い場合であっても、別居して子どもを引き取ったようなケースでは、子どもを養育するために、婚姻費用の分担を請求することができます。

もっとも、別居しなければ婚姻費用の分担を請求できないというわけではありません。同居している最中でも、相手が生活費を負担してくれないのであれば、婚姻費用の分担を請求することができるのです。


婚姻費用を請求できない場合ってあるの?

例えば、自分の身勝手な不倫が原因で別居したような場合でも、婚姻費用の分担を請求することができるのでしょうか?

このような場合には、婚姻費用の分担が認められないか(東京高裁昭和58年12月16日決定等) 、認められたとしても最低限の生活を維持するのに必要な限度に大幅に減額されることがあります(札幌高裁昭和50年6月30日決定等) 。


どうやって婚姻費用の分担を請求すればいいの?

まずは、夫婦間の話し合いで婚姻費用の分担について決まれば良いのですが、話がまとまらなかったり、相手が婚姻費用の支払に応じてくれないような場合には、家庭裁判所に婚姻費用分担請求調停を申し立てることができます。


この調停では、調停委員2名が夫婦双方から話を聞き、夫婦が保有する資産、それぞれの収入と支出、社会的地位、子どもの年齢や人数など、様々な事情が考慮されたうえで、具体的な解決案が示されたり助言がなされたりしながら、話し合いによる解決を目指すことになります。


調停でもまとまらずに調停不成立となった場合には、自動的に審判手続に移ります。審判とは、調停の中で把握された夫婦双方の事情等を考慮したうえで、裁判官が何らかの決定という判断を下す制度で、夫婦双方の合意は必要ありません。


なお、東京と大阪の裁判官が共同研究した結果作成された「婚姻費用算定表」 というものがあり、婚姻費用を算定するにあたっては、この「婚姻費用算定表」 が参考資料として活用されることが多いです。この「婚姻費用算定表」 はインターネット上でも見ることができるので、参考にしてみてください 。


日常家事債務の連帯責任って何?

夫婦のお金

民法では個人責任が原則ですから、例えば、妻が契約して何らかの債務を負ったとしても、それは妻個人の責任であって、夫に責任が生じることはないのが原則です。


もっとも、民法では、「夫婦の一方が日常の家事に関して第三者と法律行為をしたときは、他の一方は、これによって生じた債務について、連帯してその責任を負う。ただし、第三者に対し責任を負わない旨を予告した場合は、この限りでない。」 と定められています(民法760条)。

つまり、夫婦の一方と「日常家事債務」 について契約などした人は、通常「日常の家事に関するものは家族が協力して支払ってくれるだろう」 と期待しますから、例外的に夫婦に連帯責任を負わせているのです。


また、判例上、日常の家事に関する法律行為について夫婦は互いに代理権があるとされていて(最高裁昭和44年12月18日) 、妻が夫の代わりに日常家事に関する契約を結ぶことができるのです。


日常の家事って具体的にどういうもの?

日常にかかるお金

一般的に、「日常の家事」 とは、乳幼児などの未成熟子を含む夫婦共同生活に必要な一切の事務のことを指し、「日常家事債務」 とは、この夫婦共同生活に必要な一切の事務に関する債務や費用のことを言います。


「日常家事債務」 に含まれるものとしては、食料や日用品といった生活必需品の購入費、夫婦が暮らすマンションの家賃、夫婦が暮らす家の水道光熱費やテレビ受信料、子どもの教育費や養育費、家族の医療費、収入に比較して相応な程度のレジャー費。被服費・化粧品代などが挙げられます。

他方で、「日常家事債務」 に含まれないものとしては、ギャンブルによる借金、事業などの仕事上の借金、収入に比較して不相応な高価品の購入費、建物の売買などの規模が大きい契約などが挙げられます。


特有財産って何?夫婦の財産って共有なの?

貯金通帳

民法では、「夫婦の一方が婚姻前から有する財産及び婚姻中自己の名で得た財産は、その特有財産(夫婦の一方が単独で有する財産)とする。」 (民法762条1項) 、「夫婦のいずれに属するか明らかでない財産は、その共有に属するものと推定する。」 (民法762条2項) と定められています。


つまり、夫婦が持っている財産のうち、夫が婚姻前から持っている財産や婚姻中に夫の名義で買った財産は、「特有財産」 として夫の財産であり、夫が負担した借金などの債務についても夫だけに責任があり、妻に関しても同じことがいえるということです。

例えば、夫(妻) が婚姻前から貯めていた預貯金や、夫(妻) が相続した不動産等の財産は、特有財産として夫(妻) だけの財産ということになります。


一方で、夫婦のどちらの名義かはっきりしない財産は夫婦の「共有財産」 ということになりますが、不動産や自動車等については、名義が夫だけという場合も多いですよね。その場合に、夫の名義だから夫だけの財産になるかというと、必ずしもそういうわけではありません。共働き夫婦二人の収入で買う場合や、妻も自分のお金を出している場合がありますから、誰の名義で買ったかではなく、支払ったお金の出所を基準にしたり、婚姻中に築いた財産であれば一方の配偶者の名義となっている場合でも相手の協力があってのことと見なされて、夫婦の共有財産とされることが多いです。


「へそくり」 って自分だけのもの?

へそくり

では、専業主婦である妻が少しずつ家計を切り詰めて貯めていた「へそくり」 は、共有財産ではなく妻の特有財産なのでしょうか?


答えは「NO」 です。へそくりの元になっているのは夫の収入ということになりますから、家計の余ったお金を妻名義で貯金していても、夫婦の共有となると考えられています(東京地裁昭和59年7月12日判決等) 。


以上のように、結婚している夫婦の間には、婚姻費用、日常家事債務の連帯責任、特有財産と共有財産の区別といった、お金や財産にまつわる問題が常にはらんでいます。夫婦であまりお金の話ばかりしたくないと思いますが、夫婦生活を続けるうえで非常に大事ですから、「金の切れ目が縁の切れ目」 とならないように、お金の問題も良く話し合ってクリアにしたいものですね。



■弁護士に聞いてみた|バックナンバー

婚約破棄〜許される場合があるの? 慰謝料は取れるの?

内縁と事実婚〜普通の結婚とどう違うの?子どもが出来たときは?

内縁と事実婚〜内縁や事実婚を破棄されたら?重婚的内縁って何?

同性カップルの法律問題〜結婚や相続はできるの?法的に保護されるの?

《婚姻障害事由とは》どのような場合に法律上結婚が許されないの?

愛があればお金なんて…は甘い!夫婦間のシビアな財産・お金の問題

  • 田中雅大(弁護士/第二東京弁護士会所属)

    1975年生まれ。埼玉県出身。証券会社に勤務した後、2010年に弁護士登録。中小企業の法務や不動産案件を中心に扱いつつ離婚や不倫などに関する数々の男女トラブルを解決。趣味はサーフィン、草野球。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ