恋愛

もしかして嫌われてる?手つなぎデートを嫌がる男の心理

 

 

「デートの時は、スマートに手を引いてエスコートして欲しい」という女性は多い。
だが、男性には「手をつなぐのはもちろん、腕を組まれるなどもってのほか」というタイプも少なからずいる。かくいう筆者(30歳、独身)も、そんな男性のひとりである。
いったい何故、彼らはかたくなに“手をつなぐ”ことを拒むのか、その理由を解説しよう。

 

 

■手をつながない男の心理

 

男性が手をつなぐのを拒むのには、主に3つの理由がある。

 

 

●理由その1:キモいカップルと同等になる気がするから

 

公共の場で激しくイチャついているカップルは、往々にして見た目偏差値が低い。
おそらく、そういう方たちは、人目を気にしないタイプなのであろう。
当人たちは楽しいのだろうが、不細工同士の痴情は、端から見るとキモいの一言である。
手をつながない男性は、その辺のことをよくよくわかっているため、人前でイチャつくのを嫌悪するのである。
人のふり見て我がふり直せ、の精神なのだ。

 

 

●理由その2:自立した関係でいたいと思っているから

 

たとえカップルだとしても、おたがいに、ひとりのいい大人。
手をつなぐのは、なんだか依存し合っているようで、かっこ悪いと思うのが男性なのだ。
彼らは、自立した大人の男女としての交際を望んでいるのであり、決して冷たいわけではない。
人ごみの中を歩くときや、相手の具合が悪いときなど、必要がある場合はちゃんと手を繋ぐのだ。

 

 

●理由その3:敵に隙を見せないため

 

男性にとって、女性を連れて見知らぬ土地を歩く“デート”は、お宝を抱えて敵地を徘徊する行為に似ている。
もちろん、戦国時代じゃあるまいし、そうそう襲われることなどないことはわかっている。
しかし、女性連れである以上、周囲の男性はみんな敵に見えるのであり、結果として警戒心が高まってしまうのだ。
(もしも目の前の男が、突然振り返って斧をふりかざしてきたら……)
そんな物騒な想像が頭をよぎり、詳細にシミュレーションまで開始するのである。
当然、手をつないでいる場合ではない。
すぐに戦えるよう、両手は自由にしなければいけないのだ。
さらに言うなら、大切な彼女は最も安全な場所である、自分の後ろに配備するのが望ましい。

 

手をつながない男性は、決してあなたを蔑ろにしているわけではない。
むしろ、守るために手をつながないのである。

 

 

■手をつながないのは硬派なだけ

 

手をつながない男性には、彼らなりの理由があることがおわかり頂けただろう。
結局のところ、少々硬派なだけであり、あなたのことを大切にしていないわけではないのだ。
「もしかして嫌われてる!?」なんて、余計な心配をすることはないだろう。

 

 

■関連コラム
男の目が光る瞬間!初デートで必ず女性のココを見る
初デートに使える!草食系男子のヤル気スイッチを押す3フレーズ
ゆったり過ごすスローSEXのススメ
一生忘れられない!?「極寒オトコのありえないデート3選」
あなたならどうする?デートの途中で緊急事態に遭遇!

 

 

Gow!Magazine TOPへ

 

 

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ