恋愛

ハズレ合コンから卒業したい!イイ男に当たる合コンの法則

これまで合コンといえば3対3か、4対4、多いときは全員で10人単位になるなど、大人数で行うのが一般的でしたよね。実際に今もその流れは続いています。

ここで振り返ってみて。これまでの合コンで、アタリの男が来た試しがありますか? イイ男との成功体験がありましたか? 

残念なことに「ない」と答える女子は実に多く存在します。


今回は、ハズレのない合コンの法則をご紹介いたします。


ハズレ合コンとはおさらばしたい!

4対4の合コンに参加。でも、お相手は4人ともどうもパッとしない。

そして合コン後は「あー、今日もハズれちゃったね。お金と時間がもったいないよ」などと、女子だけで愚痴大会になることも。

その女子会の方が合コンより盛り上がったりするんですよね。これはちょっと切ない……。


こういった事態を打開しようと思い立った筆者。

そもそも一般的な合コンにおける、中途半端な大人数が問題だと考えてみました。そこで参加人数を極力絞り、2対2という食事会に近い合コンを、何度か設定。すると、こちらの方が盛り上がり、恋愛に発展しやすいことが判明。

その根拠を解説いたします。


成功の理由1:変な人選にならない

人数が多い合コンの場合「人数合わせ」という行為が起こりえます。

当日たまたま声をかけた同僚に急遽参加してもらうということもざらです。

彼女持ちや既婚者が来る可能性も大。

人数が増えるにつれ、人選は雑になってしまうのです。

しかし、2対2であれば、自分とあと1枠の人選は慎重になります。人数合わせという概念はなく、必ずイイ男を用意する仕組みが自然とできているのです。


大人数合コンはまさに玉石混淆で、席によってアタリハズレが激しいです。

その点、2対2の食事会的合コンでは席選びによるミスは起こりません。

また大人数のなかにイケメンが1人いれば、その男子ひとりにファインプレーを任せて、あとの男性はサボりがちです。

しかし、2対2の場合、自分の力で場を持たせなくてはならないので真剣なプレーを魅せてくれます。


成功の理由2:次につながりやすい

2対2の食事会的合コンは、お互いにイイ男とイイ女を連れて来る前提があるので、ほぼ間違いなく盛り上がります。私個人の経験でもそうでした。


宴もたけなわなころ、「来月も恵比寿で飲もうぜ!」などと、次の約束が出来上がっていることがほとんど。これは、また集まりやすい人数であることはもちろん、4人でしっぽり話し込んだ結果「オレたち気が合いそうだね」という一体感ができるのです。


初回では全員の好きなこと、好きな街、共通の趣味などを洗い出しておくと良いでしょう。それを踏まえて、次回のお店を選べば、さらに話は弾みます。

もし2人の男子のうち、1人気に入った相手ができたとしても、距離は徐々に詰めていく方が無難です。慌ててはいけません。

すぐに2人だけで会うよりも、リスクを負うことなく、相手のことを落ち着いて吟味できるチャンスだと思ってください。

そのような機会が自然とふってくるのが、 食事会的合コンの素晴らしいポイントです。


合理的な合コンでイイ男ゲット確率UPを

人員に絞りをかけることでイイ男が来る可能性が高くなり、その後にもつながりやすいという、まさにイイことづくめなのが、2対2で行う食事会的合コンの良さです。


大人の女は時間をムダに使っている暇はありません。ハズレ合コンはもう卒業しましょう。


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ