恋愛

この年になるといい男は結婚してるじゃないですか

いい男は結婚している

「いい男は30歳になるころには売り切れ」

こう本著でも書きましたけれど、正確には嘘ですね。実際には27歳で売り切れております。私が知る限り一番何もかも揃っている男性は驚くことなかれ、ハタチで婚約しておりました。婚姻可能になってからわずか2年でSOLD OUTって、いくらなんでも稚魚のうちに競られすぎじゃないですか?


■一癖ある男がアラサーで残るから、逡巡するんだ

クセのある男

じゃあ27~33歳のいわゆる「アラサー」期に結婚するのは何者か。一癖ある男たちなんです。スペックは高いけれど会話下手、優しいけれどエスコートは絶望的、コミュニケーション能力が高いけれど遊び人。

強みがハッキリしている一方で「選ばない人は選ばないよな」と思われる男性が消えていくんです。


20代前半にはいっぱいいた私、親、友人の「三方よし」男性を知っていると、アラサーの出会いに失望せざるを得ません。おかしいな、もっといい人いたはずなんだけどな……。そう逡巡している間にも着々とクセあり男子が成婚します。そして「一癖ある彼すら結婚したのに、私ってもしかして彼らよりひどいのかな」と自分がどんどん嫌いになっていく。


■弱っているときに、既婚という盾がほしくなる

既婚という盾

実際は悪女としか言いようのない方だって結婚しているわけで、結婚と「まともさ」はあまり関係がないと頭で理解できます。けれど仕事で詰められたとき、親と喧嘩したとき、とっさに自分が「既婚」という盾を欲してしまう。

アイデンティティを婚姻ステータスに求めてしまいたくなる。


けれど既婚という盾は、未婚の自分を攻撃してくる武具。後輩をキツく叱っているとき「やっぱり未婚の管理職は、ヒステリックで嫌だ」という陰口が耳に入ります。違うんだよ、仕事に真剣なだけだよと言いたいんです。


けれど子持ちの先輩が褒めて部下を伸ばす姿を見ると、プライドも崩れていきます。子供がいたほうが、やっぱり管理職としても鍛えられるんじゃないか。私は未婚というだけで、子供がいないだけで仕事人としても未熟じゃないか。でもそれって、あんまりじゃないですか。


■いい人は、別の世界に待っているんじゃないかな

いい人はどこ?

そんなとき、慌てて「難のある目の前の男」へ妥協するのってもったいない。これまでアドバイスを伺った経験から見ていくと、年齢差があるお相手や、国際結婚でうまくいきやすいようです。

20歳年上の男性と付き合いながら新規ベンチャーを立ち上げた女性や、ペットのようにかわいい年下男性に癒される方。海外旅行で出会った彼と電撃婚した彼女。どなたも相手に妥協はしていません。ただ、自分が投げるボールの範囲を広げただけです。


珍味だらけのアラサー男を、無理して食べる必要はありません。世間から見ればキャビアのような男でも、私から見れば塩辛いだけかもしれない。

限られた市場で相手を選ぶくらいなら、肩の力を抜いて視野を広げてもいい。婚活や恋活という名前をつけずとも、生活の範囲を広げて結果として出会いがあればいいんです。


■痩せた土地に留まる必要なんて、ない

いい男を求めて

「この年になると、いい男は結婚してるじゃないですか」


そう、その通りです。だから無理に対峙しなくていいんじゃないかな。自分が思うより、周囲の人間は事故物件へ敏感です。

結婚式で「あの人はさすがにヤバいよね」とコソコソ言われる相手を選ぶよりも、いい相手を求めて、世代や国境を越えた旅をしたっていいんじゃないでしょうか。私たちは自由な動物です。痩せた土地にいつまでも留まらなくていい。


そうして旅をした結論が「やっぱり元の場所がいいや」でも構わないし、何なら「結婚って必要ないわ」でもいい。既婚という盾を手に入れたい気持ちは、何よりも未婚の自分を突き刺す行為に他ならないのですから。



▼著者・トイアンナさんの人気コラム▼

好きなタイプが結婚に向かないからって「妥協」しなきゃだめなの?
彼が転勤するならついていくのが「正解」なの?
毎晩遅くまで頑張ってると何で「かわいそう」になるの?
新しい彼氏ができたからって結婚への道のりを描かないでほしい
この彼と別れたら次はないかも、っていう心配をしたくない
30代独身ってそんなに悪いことですか?

  • トイアンナ

    外資系企業で消費者インタビューを経験後ライターとして独立。500人超のヒアリングから女子の楽しさも悲しさもぎゅっと詰め込んで文章にしています。現在はアラサーの恋愛とキャリアを中心に多くの媒体で連載中。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ