恋愛

30代独身ってそんなに悪いことですか?

30代独身ってそんなに悪い?

結婚「できない」理由を探さないでほしい

30代独身ってそんなに悪い?

既婚者と未婚者。私には、この2者の間に一本、線が引かれているように感じます。この「線」を人生で最初に観測したのはいつだったか。大変なニブチンだった私は就職した先の先輩からこう言われるまで、気づきもしませんでした。


「アンナちゃん、結婚してないの?」

「ええ、まあ」

「へえ、どうしてかしらねえ」


どうして未婚なのかしらねえ? 不思議な疑問です。だって結婚している人へ向かって「どうして既婚なのかしらね?」なんて質問する人います? まるで結婚している人が普通で、結婚していない人には何か問題があると言いたげな風潮に対し、ノーを突きつける気マンマンで入社したわけです。


結婚に不向きだと、仕事もできない扱いって

30代独身ってそんなに悪い?

その会社は、結婚がダイレクトに出世に関わる会社でした。そのエクストリームっぷりときたら、ちょっと結婚指輪を外すだけで「夫婦関係に支障があるとみなされ人事評価にマイナスだぞ」と注意されるほど。


そんな社風ですから、仕事に集中したいんで婚活はちょっと……とお茶を濁すこともできません。出世したいなら結婚せよ、家庭を作りたいなら結婚せよ。いずれにせよ結婚から逃れる道はないわけです。


しかしこの世には結婚制度がそぐわない人だっているわけで……。この会社で結婚しない人は上級管理職にもなれず、はたまた家庭を優先するでもなし、文字通り「できない」人とみなされました。


ここまで読んでくださった方は「どんだけ昭和的企業にいたんだよ!」と思われるかもしれませんが、訊いて驚け外資系です。差別は日本企業だけだと思ったら、とんだ夢でした。


ただし、日系企業の方が婉曲的な差別をしてくるだけに、より残酷とも言えます。


奥さんも子供もいて大変だろう、って何?

30代独身ってそんなに悪い?

日系企業でも会社によっては、既婚者が先に出世することがあります。けれどそんなとき外資のように「お前は未婚だから」なんて言いません。代わりに「彼は奥さんも子供もいて大変だろうから、そろそろ役職につけてあげないと」なんて温情ワードが出てくるんです。


おいおい、毎日遅くまで頑張ってる私はそんな大変じゃないんかい。


わかります。専業主婦一人養うのは大変でしょう。ましてや育ちざかりの子供がいたら、学費だ習い事だと出費も大いに違いない。けれどその分、私が「less 大変」扱いになるのはおかしくないですか。


といっても、当時の私だって結婚したくないわけじゃなかった。婚活パーティ、アプリ、果ては結婚相談所も登録しました。けれどなぜ、その大変さは加味されないのでしょう。(だからといって給与明細に「婚活補助費」なんて補助項目で書かれるのはもっと嫌ですけど……)少なくとも結婚している・していないで線引きする必要ってありますか。


マネジメント経験の差なの?

30代独身ってそんなに悪い?

そうすると、お次に出てくるのがこれです。

「未婚の管理職女性は使えない。マネジメントの経験がなくてすぐ部下を潰しちゃうからね。その点、女性でも結婚した人は穏やかよ。やっぱり家で子育てしてると、寛容になるのかねえ」


ええい、そのロジックなら子育てに参加しなかった男どもは全員マネージャー失格と思わぬか。この際、女だから感情的みたいな話は止めましょう。男女問わず職場でみだりに感情を爆発させるマネージャーなんて問題アリ。そして感情爆発型の難アリ上司は、男性にだってめちゃくちゃいますから。


それよりも、子育てしていれば家庭でマネジメント経験が積まれるから、その分寛容になれるに違いないって考え方を見直しましょうよ。だって社会人が家庭で過ごせる時間たるや、睡眠時間を除けば1日6時間程度でしょう。んなもん、1日12時間勤務のやや激務企業へ行けば同じくらい経験を積めるやんけ!


と、キャリア論っぽい切り口で今回は書きましたが、一番傷つくのは友達や家族からの差別かもしれません。その話も、おいおいこれから書いていきます。




著者・トイアンナさんの人気コラム

先輩の屍を超えろ!新入社員向け世渡りマニュアル
妊活のために-10kg!いつか子供が欲しいなら始めたい減量体験談
15年来の不眠症患者が教える、独自の「眠れぬ夜」を乗り越える方法
めちゃくちゃ痛くてクセになる!?ブラジリアンワックス体験記
朝起きたら、息ができなくなっていた。うつから社会復帰を果たすまで
2017年版・初めてでも安心!婦人科の選び方


  • トイアンナ

    外資系企業で消費者インタビューを経験後ライターとして独立。500人超のヒアリングから女子の楽しさも悲しさもぎゅっと詰め込んで文章にしています。現在はアラサーの恋愛とキャリアを中心に多くの媒体で連載中。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ