恋愛

アナタも当てはまる?現代の独身男女がかかる「結婚こわい病」

晩婚化がすすんでいますが、みなさん、なぜ結婚しないのでしょうか?

「キャリアを築きたい」「独身のほうが気楽」「いい出会いがない」

そういう理由を挙げる独身者もいますが、「結婚がこわい」と考える独身男女も数多くいました。

『結婚こわい病』の症状をご紹介いたします。


『結婚こわい病』の症状

交際相手がいても、いまいち結婚に踏み切れない。

もしくは、結婚適齢期なのに婚活をまったくしようと思わない。

そんな独身男女の多くは、このような考えを持っているようです。


●その1:嫁姑問題がこわい

お姑さんに気に入られるだろうか、やっぱり最愛の息子を取った嫁なんて憎く思われているんじゃないか、という不安がある。

義両親と同居でイビられでもしたら、幸せな結婚生活とはほど遠い。


●その2:浮気問題がこわい

浮気が発覚して、ドロドロの裁判沙汰なんてこわすぎる。浮気ドラマやニュースを観ているだけで胃が痛い。


●その3:他人と住むのがこわい

独身生活の気楽さに慣れてしまって、他人と住むとか考えられない。ささいな常識の違いが、そのうちストレスになってケンカしてしまいそう。


●その4:低収入がこわい

男性は、今の給料では家族を養えないという不安。女性は、産休を取れるような大企業に勤めていないから復職できるか不安。自分ひとりでいっぱいいっぱいな独身が多い。


●その5:心変わりがこわい

今までの元カレのことも、すでにもう好きでもなんでもなくなったのに、何十年も夫婦を続ける自信がない。相手からの愛情が薄れてしまうこともこわい。


『結婚こわい病』に効く処方箋

あなたはいくつ当てはまりますか?

これらの症状は、過去の恋愛で傷ついている人や、ネットでの大げさな情報ばかり見ている人に多くみられます。

しかも身近に幸せな結婚生活をしている夫婦が少ないため、どんどんネガティブなイメージを膨らませてしまうのです。


『結婚こわい病』を治すには、幸せな夫婦の声を聞くのがいちばんです。

結婚している夫婦はこう言います。


「どんなときも、帰ってくるのは自分のところだという安心感がある。カップルと夫婦だと、これが全然違う」

(結婚1年目/女性)


「社会的に、旦那さん、奥さんと認められている。仕事にも責任感が湧いたよ」

(結婚1年目/女性)


「恋愛でドキドキするより、家族として守ってやるぞっていう団結力は100倍快感だよ。これがファミリーってやつか、っていう」

(結婚4年目/男性)


「結婚して長いけど、うちはけっこうラブラブ。でも、旦那のいやなところはたくさんある。片目つぶって見るぐらいでやってます」

(結婚6年目/女性)


「結婚しちゃうと刺激がなくなるかもしれないけど、一緒に歳をとっていく面白さは消えないなあ。子どもとかできるととくにそう」

(結婚10年目/女性)


いかがでしょうか、「結婚てステキ」と思えてきますよね。

ネットの情報は反面教師にして、あこがれの夫婦像を探してみてください。


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ