恋愛

Kissこそ最高のラブコミュニケーション

 

ラブコミュニケーションのはじまりにしているカタチだけのキス…。

 

そんなキスに物足りなさを感じていませんか。

 

 

本来キスは、ラブコミュニケーションとは別の交わりと言ってもいいほど深く官能的なもの。

 

人類学者ヘレン・フィッシャー博士は、キスは性衝動とロマンス、愛情といった3つのニーズを満たすためのものとしています。

 

その証拠に、女性は、愛情のない人へカラダは許せてもキスは許せないという人が多いんです。

 

それくらいキスって実はとても神聖なもの。

 

 

情熱的なキスをすると、ドーパミンやセロトニン、子宮伸縮ホルモンが急激に上昇してカラダ全体が恋をした状態に。

 

また、人は無意識にキスで相手のDNAや生殖状態を探り、生物学的な相性を確認しているという側面もあるんです。

 

生物学的にもキスは、ふたりの関係を育むのに重要な役割を果たしています。

 

 

では、最高のキスをするのに一番大事なことは?

 

それは「愛情を伝える気持ち」。

 

自分胸から愛が溢れて、そのエネルギーが口を通して伝わるイメージで相手の魂やこころ、全身を包むような気持ちでキスしてみて。

 

 

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ