恋愛

デート代を払わせるのはDVだった!女性「が」加害者になるDVの実態

食事中に注文する女性

こんにちは、トイアンナです。DVという単語を聞いて何を想像しますか?


「男が女へ暴力を振るうシーン」を頭に思い浮かべる方が9割を超えるのではないかと思います。ところが、DVはもっと身近で、女性も加害者になりやすいのです。


■今すぐチェック!女性が加害者になりやすいDVランキング

女性のDV

今まで500人以上から人生相談を受けてきましたが「それってDVですよ」と指摘すると「うそ!?」というリアクションが来ることも山ほどあります。まずは相談実績から女性が加害者になりやすいDVのベスト5をチェックしてみましょう。


「意外!」女性が加害者になりやすいDVランキング

1位:浮気を疑って携帯を勝手に見る

2位:すぐ返信しないと怒る

3位:別れると言って相手をおどす

4位:怒ったときに無視する

5位:デート代は「男が払うものでしょ」とおごらせる


これがDV!?と信じられない方もいらっしゃるかもしれません。特に浮気を疑って彼の携帯を見たり、デート代をおごらせたりするの2点は「何でそれがいけないの?」とショックを受ける方も多いでしょう。


人によっては「当たり前」のように取る行動もDVになるんだ、という事実があるだけです。


■実際にDVをしてしまった女性は語る「納得いかない」

ここではさらに、DVの加害者になった女性からお話を聞いてみました。彼氏の浮気に気付いてしまった20代女性、Aさんの体験談です。


Aさん:付き合って1年半ですかね。彼が急にお風呂場へ携帯を持っていくようになったんですよ。しかもボソボソ話してる声も聞こえて。めっちゃ怪しいじゃないですか。彼が寝てる間に携帯を見たらチュー(の自撮り)がたくさん出てきて。彼氏になにこれ? ってつきつけましたね。


――それがDVに当てはまるって当時は知ってました?


Aさん:全然。てか、浮気してるんだしこれくらいやられて当然でしょ。今でも納得いかないですね。DVってもっとボコボコに殴るとか、殺すって言うとかじゃないですか?


――携帯を見るとか、あと無視とかもだめです。


Aさん:じゃあむしろ質問ですけど、浮気とか気づいてもガマンしろってことですか?


――たとえば「私は怒っています」とだけ彼に伝えるのはどうでしょう。


Aさん:……あー、たしかに!そんな言い方あるのかー。考えたことなかった。でも今すぐその言い方できる自信ないですね。やっぱり、次の彼氏ができても不安になって携帯見るかも。


■DVは誰でも加害者になりうる

DV加害者

お話を伺うと、DVにまつわる大事なポイントがわかります。まず、DVは「マナー」や「文化」と線引きが難しいこと。そして相手にも悪いところがあるから私は怒って当然だ、という気持ちに加害者はかられるということです。


DVとして怒りを表してしまうときに、よく加害者は「じゃあガマンしろってこと?」と反応します。言い換えれば、DV以外の方法による「怒り方」を知らないのです。


最近では「アンガーマネジメント」といって上手に怒る方法も紹介されています。無視や「もう死にたい」といったDVの形でしか怒れないと感じているなら、怒り方のレッスンを受けてみたり関連した本を読んでみたりすると上手に怒れるようになるかもしれません。


参照:

千代田区『デートDVってなに?』



著者・トイアンナさんの人気コラム

外反母趾でも諦めたくない!経験者が教えるハイヒールの楽しみ方
「浮気したら殺す」と言え!?彼を誠実にさせる唯一の方法
最高に楽しかったデートになる!男女問わず今すぐできる「思いやり」5つ
それって本当に愛されてる?あなたを傷つけるモラハラ男から今すぐ逃げて!
  • トイアンナ

    外資系企業で消費者インタビューを経験後ライターとして独立。500人超のヒアリングから女子の楽しさも悲しさもぎゅっと詰め込んで文章にしています。現在はアラサーの恋愛とキャリアを中心に多くの媒体で連載中。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ