クリスマスを一緒に過ごす恋人

まだ間に合う!クリスマスまでに彼氏を作る3つのテクニック

  • 更新日:2019/04/15

女子カレ読者のみなさんこんにちは、ライターの小山です。

12月、といえばクリスマスシーズン。街のイルミネーションも段々と華やかになってきました。


そんなクリスマスムードの街の中、キラキラした笑顔で歩くカップルたちもいれば、、ドブのような色の目でイルミネーションを睨みつけている人たちもいます。そう、この記事を読んでいるあなた。クリスマスシーズンにも関わらず恋人がいない、あなたです。


クリスマスまであと10日、今年もクリスマスは独りか…

なんて、カップルたちに声ならぬ呪詛を送っているあなた。


まだ間に合います!!!


最後の1秒まで諦めてはいけません。そう、諦めたらそこで、試合終了なのですから…。


というわけで本稿では、あと10日の間に彼氏を作り、クリスマス当日をハッピー100点満点の笑顔で過ごすための方法論をお伝えします。


クリスマス前のこの時期は、実は狙い目シーズン

クリスマス前

まず最初に強調しておきたいこと、それはクリスマス直前のこのシーズンは、実は最大のチャンスシーズンでもあるということです。


恋人とクリスマスを過ごしたい!そう考えてるのは女性だけではありません。少なくない男性たちも、同じようにクリスマスを過ごしたいと思っています。実際10月~11月の合コン開催率は他の月よりも高いそうです。そう、つまりクリスマス直前のこの時期は、出会いのチャンスが増える時期でもあるのです。


ということで「あと10日だし…」と諦めず、積極的に出会いの場を探してみましょう。

年末はパーティシーズンでもあります。忘年会や異業種交流会なども多く行われていますし、新しいひとに会う、また身近にいたけど深くは知らなかった人と触れ合う絶好の機会です。


「出会いを増やす」はまさに恋人作りの基本中の基本といえるテクニック。

まず出会いを増やす地道な努力をしてみましょう。


「クリスマスまでに彼氏が欲しい!」と公言する

叫ぶ女性

みなさんがいくら恋人なし非モテ女子だからと言って、身の回りに1人も男性がいないわけではないと思います。学校の交友関係や、職場の同僚や上司、サークルや趣味の場での人間関係など、それなりに「顔見知り」程度の男性はいることでしょう。


身の回りに男性が多く存在するにも関わらず、恋人を作れていない。それはつまり、身の回りの「潜在的彼氏候補」に対して、上手くアプローチを取れていない、ということです。


なので、「話しかけろ!」「気になる人にはアプローチしろ!」と言いたいところですが、チキンなみなさんのこと。


「女子から積極的にコンタクトを取るのは、ちょっと恥ずかしい」

「そもそもよく知らない人に話しかけられない」


なんて答えが帰ってきそうです。


そこで、テクニック。

自分からアプローチするのが無理なら、相手からアプローチされるようになりましょう。


どうやって?

簡単です。「クリスマスまでに彼氏がほしいんじゃい!」という己の心の叫びを、大にして周囲に公言しましょう。


「クリスマスまでに彼氏が作れなかったら死ぬ」

「ひとりで正月を迎えるくらいなら初日の出はもう見たくない」

「あと10日で絶対彼氏を作る…」


こんな感じの、鬼気迫るメッセージを(同性相手でいいので)発信しまくりましょう。


すると、男性からは


「あ、なんか限界迎えてるひとがいる」


と思われることもまぁ、あるのですが、


「お、なんかチャンスかも」


と思われることも多々あるのです。


今どきの男子は草食化しているとはよく言われることですが、その原因のひとつに「女性がどんどんとっつきにくくなった」こともあるような気がします。


特に社会人になってくると「恋より仕事!」みたいなキャリアを優先する女性が目につきますが、彼女らを誘うのは、なんとなく失礼なような気がしてしまうのです。こんなに仕事にひたむきに向き合ってる彼女をデートになんか誘ったら軽蔑されないかな…的な、そういう引け目がある。


そこで、女性の側が


「彼氏が欲しい!!!!」


というメッセージを大々的に打ち出していると、その「引け目」は一気に霧散し、逆に親近感が出てきます。


男性にとって、基本的にはキャリアを積み続けることは前提条件で、「キャリアか恋か」という二者択一の状況はあまり生じません。つまり、男性の多くは、心のどこかに「彼女がほしい」という欲求を必ず持っています。


そこで正直に「彼氏が欲しい!!!!」と言ってる女性がいると「わかる!」「共感できる!」となるわけです。


ちょっと気恥ずかしいかもしれませんが、「自分は彼氏を求めてるぞー!」というメッセージを周囲に発信するのは良い方法だと思います。これは断言しますが、徹底的にやれば確実に複数の男性からそれとないアプローチを受けるはずです。


クリスマスちょい前に男女でイベントを計画する

クリスマスパーティー

たとえば、「クリスマスちょい前に男女でパーティを計画する」など。


一見荒唐無稽に見えるかもしれません。でも、これはウルトラCです。

まずクリスマスシーズンということで、恋人持ちの男女は参加しにくい。つまりフリーの男女だけをスクリーニングした上で集めることができます。


そして計画には準備がつきもの。先方の幹事とやり取りをしたり、グループLINEなどを作ることもできます。そうすれば占めたもので、健全なパーティやイベントでも、季節柄、そして参加者の性質がら、一気に合コン色を持ち始めるのです。


「合コンの企画」だと少しハードルが高いですが、「イベントの企画」ならなんとかなる。そういう関係性のひともきっといると思います。そんな相手がいる場合は、この「クリスマスちょい前イベント」で相手を強制的に合コン空間に引きずり下ろすことができるのです。


というわけで、「クリスマスまでに彼氏を作る3つのテクニック」でした。


あと10日、これを「たった10日」と見るか「10日もある」と見るかはあなた次第です。

最後の最後までチャンスはある。足掻きましょう。もがきましょう。その努力だけが、明日を掴む一歩になるのだから…。



▼著者:小山晃弘の人気コラム▼

幸せな結婚に共通する3つのパターン

『男が全員浮気するわけではない!だけど・・・』浮気に関する残酷すぎる男の本音

女性の「モラハラ」増殖中!モラハラの特徴と身を守るための3か条

どんな顔でも納得できない…。「整形依存症」の落とし穴

男が教える「ヤリ目男」と「本気男」の特徴と見分け方

  • 小山 晃弘 (ブロガー・フリーライター)

    「セラヴィ」「リクナビNEXTジャーナル」「ASREAD」など、さまざまな商業Webメディアで活動中。

    ライブドアブログ OF THE YEAR 2015受賞

    公式サイト:人類応援ブログ

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag