恋愛

そろそろ覚悟を決めろ!彼氏を「切る」べき3つのタイミング

彼氏を切るタイミング

こんにちは、ライターの小山です。


この記事が気になった読者のみなさん、今日もLINEで男友達に【彼氏の愚痴】を垂れ流していませんか?あれ、男からすると「この女、俺に気があるのか???」とか思っちゃうのでなるべくほどほどにしてくださいね。


さて本日のテーマは「彼氏を切るタイミング」について。


ダラダラと惰性で関係を継続しているカップルのみなさん。みなさんの関係って本当に未来につながるものですか?


別れるタイミング、逃してませんか?

今日はそんなダラダラガールのみなさんに、「切る」タイミングをお教えします。


タイミングその1 喧嘩がなくなった時

彼氏を切るタイミング

「えっ。喧嘩が増えたときじゃないの?」と思った方もいるかもしれません。


しかし、以外にも泥沼化したダラダラ関係の黄色信号は喧嘩が増えることよりも、むしろ減ることにあるのです。

喧嘩というのは、ある意味で恋人に対する信頼であり、甘えです。


「このひとは言えばわかってくれる」

「強く言えば変わってくれるに違いない」


そういった相手への「信頼」がないと、そもそも喧嘩というのは成り立ちません。


吠えかかってくる犬に「吠えかかるのは良くないよ!」と食ってかかる人はいませんよね。それと同じです。相手への信頼感がなければ、喧嘩というものは成り立たないのです。


ですので、喧嘩が多いこと自体は(度を越さなければ)問題ありません。むしろヤバいのはその逆です。

喧嘩をしなくなる。それはつまり


「この人は言ってもわかってくれない」

「強く言ってもこの人はかわらない」


という諦めが生じてしまったということ。


結婚して10年の夫婦とかならまだいいですが、交際中のカップルでここまで冷え切ったらもうその後の未来に期待は持てません。

ちゃんと彼氏と喧嘩できてますか?

もしできていないなら、それは「切る」タイミングかもしれません。


タイミングその2 セックスレスが3カ月以上続いたとき

彼氏を切るタイミング

「チン○が立たない男と付き合うな!!!!」


これは古代エジプトの壁画に記されていた有名な箴言ですが、21世紀の現代にも通じるお話です。

付き合っていた当初を思い出してください。週7日のうち最低3日、若ければ7日毎日セックスしてましたよね?

セックスしまくってた当時と今と比べて、どっちが満足度が高いですか?

どう考えても当時だと思います。


「夫婦間の満足度はセックスの回数と正比例する」という心理学実験の結果もあります。セックスをしなくなる、というのはよっぽど特殊な関係性がない限り、大抵は満足度が低くなっていくものです。


確かに、男性は同じ女性とセックスし続けるとちょっと飽きて以前ほどがっつかなくなる傾向があります。

しかし、だからといって何カ月も彼女を放り出している男は、あなたに興味が完全になくなったかゲイに目覚めたか浮気をしているかのどれかです。


「週に1回のセックスもこなせない男は、人生と向き合うこともできない」

これはギリシャの諺ですが、一面の真理をついた言葉です。


セックスは大切な愛情表現のひとつでもあります。セックスをサボるというのは、愛を囁くことをサボるということです。

子供を産んだ後で性欲も落ち着いてきた40代の夫婦ならまだしも、まだ交際中のカップルがセックスレスになれば、その後の性行正常化(“国交正常化”とかけてます)は絶望的と言わざるをえないでしょう。


ちゃんと、彼氏とセックスできてますか?

ちょっとだけ、振り返ってみるとよいかもしれません。

あ、ちなみに上に出てくることわざは全て僕の創作です。


タイミングその3 1カ月以上会っていない時

彼氏を切るタイミング

会わないなら別れろ。


個人的には頭おかしいんかワレ、と思うんですが「彼氏?いるけどもう1カ月会ってない~」みたいな人、結構いるんですよね。


お前の彼氏は戸籍上の節税対策かなんかなのか。最寄りのコンビニの店員より顔を合わせない彼氏ってなんやねんと思うんですが、まぁ大抵それから1年以内には全員破綻してるんで遅いか早いかだけの問題かなという気も致します(なら早い方がいいと思うけど)。


個人的に思うのは、こういうひとは「彼氏がいる」という事実が欲しいのであって、別に彼氏という人格を持った相手が必要なんじゃないということです。


「自分には恋人がいる。だからまだ大丈夫」

「彼氏がいるので周りよりまだ上」


そんな安心や見栄のために、とっくに終わっている関係を無理やり長引かせていませんか?

1カ月会わないって、ほとんど織姫と彦星ですよ。

南極と北極の遠距離カップルだって、月イチよりはもう少し会ってるはずです。


半径30km以内に住んでいるのにひと月以上顔を合わせてない方々は「もうその関係はとっくに終わっている」という事実と向き合ってください。


終わった関係を無理やり続いているように誤魔化し続けることは、時間と若さの無駄遣いとしか申し上げられません。

現実を見ましょう。そしてさっさと次にいきましょう。

ぼやぼやしてるうちに、あっという間に寿命が来ちゃいますよ。


はい、というわけで「切る」べきタイミング3つでした。


とっくに終わってる関係に未練を残すのは、上で述べたように安心や見栄のために自分を誤魔化しているというパターンの他にも、相手への微かな想いが残っていて関係をしっかり断ち切ることができない、というパターンもあります。


いずれにしても、過去に戻ることはできません。死体は動き出しませんし終わった関係が復活することはほぼありません。


自分の未来を考えて、自分にとって一番よい選択肢を選んでください。

あなたのことを一番大切にできるのは、あなた自身です。



▼著者の人気コラム▼

今や破局の5秒前!?彼氏に「振られる」4つの予兆
なぜアイドルは幸せな恋愛ができないのか?「チヤホヤ」が壊す大事なものとは
キラキラ女子は、なぜハイスぺ男子に捨てられてしまうのか
男がドン引きする女性の趣味3選
既婚男子に聞く!男たちが結婚に踏み切った3つの理由
未婚化する「結婚適齢期」のリアル。適齢期で結婚してる人は何%?
【保存版】男が教える!男の浮気を防ぐ5つの方法

  • 小山 晃弘(ブロガー・フリーライター)

    「セラヴィ」「リクナビNEXTジャーナル」「ASREAD」など、さまざまな商業Webメディアで活動中。

    ライブドアブログ OF THE YEAR 2015受賞

    公式サイト:人類応援ブログ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ