恋愛

マジでその女と結婚しちゃう?結婚式で彼友が見せるドン引きの証

こんにちは、トイアンナです。

結婚式の前にすべての友人へ恋人の顔合わせをするのは難しいもの。結婚式で初めて知り合うご友人も少なくないでしょう。そこで新郎友人、つまり彼の友達サイドからお話を伺うと、結婚式から好印象の方もいれば「えっ、その女でいいの?」と焦るような結婚相手も少なくないそうです。


そこで今回は、実際に結婚式へ何度も出席した経験を持つ男性が「本当にあの女と結婚していいの?」とドン引きしたエピソードをお伝えします。中には事前にどうしようもない理由もあって辛いのですが、解決策も一緒に掲載しますのでどうぞご覧ください。


付き合った期間が異様に短い

結婚式

最初からどうしようもない事案ですが、付き合った期間が短いと結婚までの意思決定が早すぎるんじゃないかと友人サイドは不安になるようです。といっても、ただ交際期間が短いだけなら大丈夫。不安をあおられるのは、以下の条件が重なったときだけとのこと。


<付き合った期間が短すぎると不安になる結婚式の条件>

・彼に長く付き合った経験がなく、付き合ってはすぐ別れ……を繰り返していた

・男性の友人が知っている子と長く付き合っていたのにいきなり別れて他の女性と結婚

・女性がしてやったり!という表情で結婚を自慢している


つまり、原因のほとんどは彼の信頼不足。結婚式の最中になぜ彼女と結婚するに至ったか、新郎自身から説得力のあるエピソードを披露されると一気に「いい決断したな」と思えるようです。


夫をバカにした発言

彼がどんなダメ人間と分かっていても、招かれた友人は新郎の味方。新婦がスピーチなどで新郎をバカにした発言をすれば、この女性で大丈夫なのか?と不安になります。たとえば男女置き換えたとして、新郎のスピーチで「こんなしょうもない彼女を選んであげた俺は優しい」などと話されたら新婦友人は許せませんよね。


いつもは恥ずかしくて彼についてノロケられない方でも、結婚式だけは彼を素直に持ち上げましょう。特に二次会で酔っぱらったとき、冗談でも彼をバカにした表現をしないよう注意。お家に帰るまでが結婚式です。


友達へ無理なお願いをする

厳しいようですが、男性からの意見を伺う限りでは「新婦から彼の友人へ無理なお願いをする」と結婚式前からマイナスイメージとなるようです。フラッシュモブ、替え歌披露、ビデオメッセージと彼へのサプライズを頼みたい気持ちは分かりますが、相手からすれば知らない人に休日を潰せとお願いされるようなもの。


彼へのサプライズは気心の知れた自分の友人に手伝ってもらいましょう。もしどうしても彼の友人が必要なら、少額の謝礼を用意すると角が立ちません。


途中で不機嫌になって笑わない

結婚式が計画通りに進むことはありません。彼もサプライズを用意しているかもしれませんし、司会者やスタッフの失敗も防げません。だからといって、途中で不機嫌になって笑わないのはゲストに対して失礼な印象を与えます。


といっても、浮気相手が殴り込んできた、絶対にしないでと言った余興をごり押し……といった事態に陥ってもニコニコ笑っている必要はありません。途中で結婚式を投げて怒っていいのは、彼と離婚するレベルの不快なトラブルが起きたときだけにしましょう。


「したいこと」と「すべきこと」のバランスをうまくとって

結婚式

ここまで、彼の友人もドン引きするような、結婚式での振る舞いについてお伝えしてまいりました。彼の友人へ好かれるためだけに式を行うわけではないので最後は二人の意志ではあります。


しかし、これ以降一生お会いしない可能性もある新郎友人からの印象が最悪となるのもいただけないもの。上手に結婚式で「やりたいこと」と「すべきこと」のバランスを取って、最高の結婚式にしてください。



▼著者の人気コラム▼

その彼よ!たった4つのチェックでわかる結婚するべき彼の特徴
妥協できない!結婚に不向きな男を好きになっちゃう人の処方箋
不倫を卒業できる人、そのままアラフォーになる人……不倫女子の運命を分ける4つのポイント
どうしてあの子にしたの?ハイスペ男子に結婚の決め手をインタビューしてきた
「浮気したら殺す」と言え!? 彼を誠実にさせる唯一の方法
  • トイアンナ

    外資系企業で消費者インタビューを経験後ライターとして独立。500人超のヒアリングから女子の楽しさも悲しさもぎゅっと詰め込んで文章にしています。現在はアラサーの恋愛とキャリアを中心に多くの媒体で連載中。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ