恋愛

不倫を活用するとイイ女になる!?超ポジティブな不倫ルール3選

 

 

「不倫」はもちろん良くない、関わったものはみな不幸になることもわかっている。しかし中には“自分ルール”を作って、不倫を都合よく活用してしまうツワモノ女性もいる。
彼女たちの超ポジティブな不倫エピソードを紹介しよう。

 

 

■その1:期間限定のルール

 

「すごく好きなヒトがいるんだけれど、彼は結婚しているの。だから、1年だけって決めてお付き合いをしてみることになったんだ」と大真面目に宣言しちゃった28歳のA子。女としてのタイムリミットを考えた末の、1年という設定らしい。
その不倫の恋が始まるとA子の美しさには磨きがかかった。
男性は「結婚するならこのレベルの女がいいけど、遊ぶだけならこのレベルでOK」という、女の使い分けをするものだ。よって、本命なら無理目でも、不倫ならワンランク上の男性と付き合える可能性が広がる。
結果的に、イイ男と付き合うことによってA子は女っぷりを上げた。

 

 

■その2:子どもだけ作るがルール

 

すでに奥さんとの関係は冷え切っていて、平日はB子との同棲を楽しんで週末だけ家族のもとに帰る彼。安定した家庭があり恋愛も楽しめるという、この生活を棄てて彼がB子との結婚に踏み切る可能性は低いだろう。
かといって彼以上の独身男性も見あたらない。結婚はともかく、出産を熱望するB子が辿り着いた究極の答えは、彼の子どもを産みシングルマザーとして生きることだった。
「彼の子と一緒なら、がんばって生きていける」と言うB子には、一筋の迷いもなかった。
今は彼からの養育費と、自らの看護師の資格で安定したシングルマザーライフを送っているらしい。これは新しい幸せのかたちなのかもしれない。

 

 

■その3:仕事優先がルール

 

勤務先の経営者である既婚男性と恋におちたC子。彼に必要とされたくて、仕事に打ち込んできたC子はいつもイキイキしていた。彼もC子の頭のよさを買っていて、じぶんのサポートが完璧にできるのはC子しかいないといつも誉めている。
あくまでも「愛人」という立場をわきまえるのがルール。そうして充実した不倫人生を歩んでるC子は、近く社内で出世をする。愛人の噂もかすむほど、実力が認められてのことだそうだ。もはや誰も文句のつけようがない。

 

 

■不倫を活用するしたたかな女たち

 

不倫はもちろん好んでするものではない。しかし不倫に溺れずに、女を磨く手段のひとつとしてしたたかに活用することができるのならアリなのかも……。
彼女たちにはそう思わせてしまう気迫がみなぎっていた。もちろん人並みの精神力では溺れるのがオチなのはいうまでもないが。
女性が強くなっているこの時代、不倫を活用するイイ女性が、あなたの身近にもいるかもしれない。

 

 

■関連コラム
浮気がバレたときの対処法はコレだった
世界一細かい浮気を発見するための方法
本当にあった怖ろしい不倫の話
調査のプロが明かす浮気チェックの極意
つい許してしまった浮気男のいいわけ

 

 

Gow!Magazine TOPへ

 

 

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ