恋愛

男がドン引きする女性の趣味3選

女子カレ読者のみなさんこんにちは。ライターの小山です。

付き合うにあたって、何よりも大切なのはやはり「人柄」ですよね。

外見や年収も必要ですが、ここが合わなければはじまりません。


そんな「人柄」があらわれてくるのが「趣味」。

相手がどんな趣味を持っているかを知れれば、相手の人となりもわかりやすいというものです。


さて、意外かもしれませんが、趣味で相手の中身をチェックするというのは、実は男性においても同じなのです。


ここで本稿では「男がドン引きする女性の趣味5選」と題しまして、男ウケの悪い趣味についてご紹介していきます。


男性アイドルオタク

「会社の同僚がいい歳してジャニーズのライブとかに通ってて、見てると本当に引く。なんかわざわざ九州とか北海海まで足を運んでるみたいだし…。」


「彼女の部屋にあった段ボールを開けたら、中から大量のサイリウムが出てきてドン引きした。声優のライブで使うらしいけど、サイリウムってこんなに必要なの?」


ひとつ目は「アイドル」となりました。アイドルファンが異性にウケないのは男も女も同じですね…。


最近ではジャニーズなどの典型的なアイドルの他に、アイドル声優というオタク系アイドルのジャンルも登場してまいりました。オタク女子はオタク男子に需要が高いので「男がドン引きする趣味」とは言い難いのですが、男性声優にドはまりしているオタク女子はオタク男子からもウケが悪いようです。そりゃそうですよね…。一緒にアニメ見たりできないですし。


また「アイドル」というジャンルとは違いますが、ビジュアル系バンドの追っかけ、通称「バンギャ」も(バンドマン以外からの)ウケはすこぶるよくない模様です。やはり美形にキャーキャー言ってる姿はモテとはほど遠いようですね、男女問わず。


占い・スピリチュアル

「なんか占いにめちゃくちゃ凝ってて、かかりつけの占い師のところに週1で通ってる子がいて、うわ無理ってなった」


「なんかFacebookで変な宗教みたいなスピリチュアルグッツのことを熱心し語ってて、その瞬間に恋愛対象からデリートした」


二つ目は「占い・スピリチュアル」となりました。まぁ、これはねぇ…まぁねぇ…。


ちょっとしたら占い程度なら日々の生活のアクセントですが、「ガチ」でこれ系にハマってしまった女子には男性も全力でドン引きする傾向があります。理由はやはり「宗教っぽい」というところに尽きるでしょう。占いにせよスピリチュアルにせよ、濃度が濃くなればなるほど宗教感が出てきますからね…。


同じようなジャンルとして、オーガニックやベジタリアン、なんらかの運動(反○○みたいなやつ)にドはまりしてしまった女子にも、男子はドン引きする傾向にあります。特に20代から30代の若い男性はノンポリというか、そういうのに近づくこと自体に抵抗感がありますからね。世代が上になってくると、また少し違うのかもしれません。


ファッション

「服やカバンにすごくこだわってて、確かに綺麗なんだけどこの人と結婚したら延々と自分が服代出すんだな…と思っちゃう」


「服とか小物とかの買ったものを高頻度でインスタグラムに上げてて、ネイルや髪も常に整えてそれもSNSに上げてて、なんか自己顕示欲が見てて疲れる」


意外なところで「ファッション」が飛び出しました。

綺麗になるための必須項目ともいえるファッションですが、やりすぎると男性は引いてしまう傾向にあるようです。


特に女性のファッション熱は、男性受けを狙ったものというよりは、女性同士のマウントに使われることも多く、その闘争心とガッツに今どきの草食男子は「ウッ」っとなってしまうのかも。


「お金がかかりそう」というイメージもマイナスですね。やはり良いファッションにはお金がかかります。そこそこの価格帯で上手くこぎれいにまとめる女子の方が「モテ」という尺度では有利そうです。


いかがだったでしょうか。


もちろんここに上げた趣味といえど、一番大切なのは程度と気配りです。


僕の友人には、重度のオタク&腐女子で季節毎に男性同士が性的な行為をする薄い本を出すという、普通の人から見ればドン引き99%な趣味を持つ方がいますが、彼女は素敵な男性と長期交際しています。


それが可能になるのは、やはり気づかい…自分の趣味で相手を困らせない、趣味の話は自分の胸の中だけに留める、といった常識を持っているからでしょう。


趣味とは自分自身の内面に関わる事柄です。ですので、上にあげたような趣味を持っていたとしても、それをやめてはいけないということではないと思います。


自分の個性も、相手の気持ちも考えながら、よい関係が築けることが一番良いのだと思いますよ!

  • 小山 晃弘(ブロガー・フリーライター)

    「セラヴィ」「リクナビNEXTジャーナル」「ASREAD」など、さまざまな商業Webメディアで活動中。

    ライブドアブログ OF THE YEAR 2015受賞

    公式サイト:人類応援ブログ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ