恋愛

たま~に欲しくなるアレ!「男手が欲しいと思った瞬間10選」

最近は、独身で彼氏もいないけど、とくに問題なく生きていけるという“強い女性”が増えてきました。

ひとりでできる趣味もあるし、パソコンも使いこなすし、ゴキブリだってへっちゃら。それでもやっぱり「あ~男手があったらなぁ」と思うこともたまにあります。


独り身のアラサー女性がポロッと漏らした『男手が欲しいと思った瞬間』をご紹介いたします。

共感する女性も多いはずです。


独り身女性が漏らす「男手が欲しいと思った瞬間10選」

「男になんか頼らなくても、ひとりで生きていけるわ!」と強がっていても、たまに心のなかで「誰か男の人に助けて欲しい~」と思っているのがアラサー女性。

そんな彼女たちの本音をこっそりご紹介いたします。


●その1:模様替えをするとき

「汗だくでベッドを動かしているとき、ふと虚しくなります」

(30歳/美容師)


○配線や家具作りをこなす女性が増えましたが、模様替えだけは男手が欲しいところ。


●その2:ハンバーグを作ったとき

「ジューシーなハンバーグと、彩りのいい付け合わせ、ライスはお皿に盛って……。完璧にできればできるほど、一緒に食べてくれる男性が欲しくなる料理No.1。ちなみにNo.2はクリームシチューだと思う」

(29歳/派遣社員)


○完璧な料理をひとりで食べるとつい、フェイスブックやツイッターに画像アップしちゃいますよね。


●その3:クレームを入れるとき

「隣人にクレームを入れたいときはやっぱ女性ひとりはナメられるし、ちょっとコワい。友人にその日だけ彼氏のふりをしてもらうこともある」

(27歳/商社)


○対個人に対するクレームはたしかに勇気がいりますよね。守ってくれるひとが欲しい!


●その4:深夜にレンタルビデオを借りるとき

「たまにはよそのカップルみたいに『これ見ようよ~』『やだよ、こんな恋愛映画』とかってやりたい! 黙々とドラマシリーズをコンプリートしていくのはもう飽きた」

(33歳/ネイリスト)


○選ぶところから楽しいなんて、カップルってずるい!


●その5:高級寝具を買ったとき

「思い切って高い羽毛布団とマットレスを買ってみたけど、ひとりで満足するより誰かと味わいたいと心底思いました」

(35歳/サービス業)


○ひとり時間を充実させるつもりが、よけいに人肌恋しくなってしまったようです。


●その6:雪が降ってきたとき

「『雪が降ってきたよ~』と女友だちからメール。でもソファから立ちあがってカーテンを開けるほど興味が湧かなかった。彼氏がいたころは雪が嬉しかった気がするのに、なんでだろう……」

(28歳/広告会社)


○それは乙女心が枯渇しているのでは……。


●その7:勧誘の訪問がきたとき

「いくら女がビシッと言っても聞かない人種が多い。とくにオバちゃんセールスマン」

(30歳/流通)


○勧誘や訪問販売は、断られ慣れているので精神的に強いのです。根負けしないようにしてください!


●その8:ホラー映画を見てるとき

「ひとりで『きゃー』ってしても、つまんないことに気づいた。男が隣にいる状態で思う存分ゾッとしたい」

(29歳/ITサービス)


○たしかにホラー映画は、一緒に観る相手がいたほうが盛り上がります。女同士でもちょっと違うんだよなあ。


●その9:ぎっくり腰になったとき

「風邪をひいたときの高熱もつらいですが、ぎっくり腰が一番つらい……」

(33歳/フリーライター)


○身動きが取れないときの不便さは、独り身にはこたえますよね。


●その10:イベントごとのとき

「しばらく彼氏に縛られたくないけど、クリスマス、バレンタインはきつかった~。イベントの日だけ限定で彼氏が欲しい。プレゼントとか考えたい」

(30歳/アクセサリーブランド経営)


○冬のイベントシーズンは独り身にはこたえます。姪や甥あてにプレゼントを贈るようになれば、立派な独り身女ですよ!


自由と一緒なら、ひとりでも生きていける!?

みなさんが共感できる瞬間はありましたか?

ひとりでも大丈夫、と思っていたはずがふと寂しくなるときは誰にでもあります。

そんなときは寂しさと自由を天秤にかけて、寂しさを乗り越えてください。

乗り越えられなかったら、恋活がんばりましょう!


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ