恋愛

モテそうなのに…意外な仕事がランクイン!「結婚しづらい職業」TOP5

「職業」によって未婚率が変わるって、みなさんは知っていましたか?

例えば同じ医療系の仕事でも、看護職の未婚率は15%なのに対して、医者の未婚率はなんと36%。なんと2.4倍もの差があるのです。


なぜ職業によってこうも未婚率に差が出てくるのでしょう。


出会いの有無、年収、その職業を選択するひとたちの傾向など、色々な仮説が考えられますが、確かなことは言えません。

しかし、「どんな職業が結婚しづらいのか」を知っていれば、早め早めに自分のライフプランを築く助けになるかもしれませんね。


というわけで、本稿では「結婚しづらい職業」のトップ5をご紹介します。


第5位:医者

結婚しづらい職業

未婚率:36%

5位は上の例にも出た医師さんがランクイン。

男性医師の未婚率は極めて低いのですが、女性医師の未婚率はかなり高いスコアを記録します。


超高収入な職業だけに、並みの年収の男性では満足できないようになってしまうのかもしれませんね。学生時代・職業時代ともに激務であることも未婚率の上昇に拍車をかけていそうです。


第4位:美術家、デザイナー

結婚しづらい職業

未婚率:41%

4位は美術家・デザイナー。

おしゃれでモテるイメージがある職業ですが、実際は医師以上の未婚率です。

美術家・デザイナーといえば美的感覚に優れた方が多そうですから、やはり男性を見る目も厳しくなってしまうということでしょうか…?


こういったクリエイター系の職業は、出会いの機会に恵まれないという事情もあるかもしれません。特にデザイナーさんは自宅兼オフィスに籠って延々と仕事をするライフスタイルの方が多く、なかなか人との出会いに恵まれない傾向があります。


クリエイター系では作家・著述家の未婚率も高いのですが、やはり「出会いがない」というのは未婚率を引き上げる大きな要因と言えそうです。


第3位:技術者

結婚しづらい職業

未婚率:42%

第3位には技術者がランクイン。

ここでいう技術者とはIT系を除くいわゆる「エンジニア」のこと。


さて、いま国が躍起になって増やそうとしている「理系女子」の代表格のようなみなさんなのですが───残念ながら、結婚という点に関してリケジョたちはかなり苦しい立場のようです。


しかし、個人的には「理系女子はモテる」と思っていましたので、この結果は意外でした。理系は圧倒的に男性が多いので、女子が理系大学とかに入るとモテまくる、という現象がしばしば発生します。なので未婚率は低いと思っていたのですが…。


「恋愛はできても結婚までたどり着かない」という側面があるのかもしれません。

理系女子は周りに流されない、自分の価値観をしっかり確立するタイプの方が多いす。それもあって、結婚という型にハマるのを嫌がる人が多い…という仮説は成り立ちそうです。


第2位:音楽家、舞台芸術家

結婚しづらい職業

未婚率49%

第2位は「音楽家・舞台芸術家」。


またしてもクリエイター系からのランクインです。ここまでくると「クリエイターは結婚できない」と義務教育で教えるべきかもと思ってしまいます。


さきほど美術家・デザイナーの項で「美的感覚に優れた方が多そうですから、やはり男性を見る目も厳しくなってしまうのかも」などと書きましたが、こうもクリエイターからのランクインが続くと「審美眼」が原因という考え方は違うのかもしれないという気がしてきました。


第二の仮設「出会いのなさ」も、音楽家や舞台芸術家はチームを組んで働く職業ですので、デザイナーよりは人との出会いがあるはずです。

やはりクリエイターたちの個人的気質、「こだわりの強さ」や「個性の強さ」が結婚を遠ざけていると考えた方が自然かもしれません。


著述家・デザイナー・音楽家なら、最も人と会う機会があるのは音楽家ですが、その音楽家がクリエイター職のなかでも未婚率トップなわけですから。結婚とは他人との共同生活。強すぎる個性は時としてあだになってしまうのかも。


第1位:情報処理技術者

結婚しづらい職業

未婚率51%

栄えある第一位は情報処理技術者、いわゆるプログラマーでした。


しかし医師・デザイナー・エンジニア・音楽家・プログラマーと、見事に「技術系の仕事」か「クリエイター系の仕事」に集中していますね。これは明らかに何らかの相関があると観て良いでしょう。


プログラマーもエンジニアと同じく、男性との出会いの機会は多いはずなのですが、未婚率トップという結果に相成りました。


まぁIT系男子(技術)は草食を通り越して絶食系男子とも言える存在ですので、ただ一緒に仕事をしているだけでは中々アプローチはされないだろう…とは思いますが、しかしそれにしても1位というのは驚きです。


しかし考えてみると、プログラミングは「技術系」の仕事でありながらクリエイティブな側面も持つ「クリエイター系」の仕事でもあります。

「技術系」「クリエイター系」が結婚しづらいという前提に立てば、その両者の条件を満たすプログラマーの未婚率が高いのは当然の帰結なのかもしれません。


プログラマー女子のみなさん、職場はもう絶望的かもしれませんが、みなさんSNSなどの使い方は上手いと思うので、ネット婚活などを考えてみてはいかがでしょうか…。


さて、ということで、以上「結婚できない職業 TOP5」でした。


「結婚できない」とは言いますが、どれも憧れを集める素敵な職業ばかりです。キャリアライフが充実すると、恋愛や婚活がおろそかになってしまうということなのかもしれません。

もしあなたがこれらの職業に合致するなら、ライフプランを今一度見直してみるのが良いでしょう。自分は人生において何を優先するのか。キャリアか?恋愛か?その両方か?漫然と過ごしているだけではなかなか結婚できない婚活氷河期の時代です。


主体的に、自覚的に自分の人生にコミットしていきましょう。未来を決めるのはつねにあなたです。




▼著者:小山晃弘の人気コラム▼

【保存版】男が教える!男の浮気を防ぐ5つの方法
男が教える「ヤリ目男」と「本気男」の特徴と見分け方
男がドン引きする女性の趣味3選
あなたの彼氏は大丈夫?浮気男が取りがちな言動チェックリスト5つ
既婚男子に聞く!男たちが結婚に踏み切った3つの理由
「重い女」をやめる方法 なぜあなたのLINEは既読無視されるのか?


  • 小山 晃弘(ブロガー・フリーライター)

    「セラヴィ」「リクナビNEXTジャーナル」「ASREAD」など、さまざまな商業Webメディアで活動中。

    ライブドアブログ OF THE YEAR 2015受賞

    公式サイト:人類応援ブログ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ