恋愛

最高に楽しかったデートになる! 男女問わず今すぐできる「思いやり」5つ

食事するカップル

こんにちは、トイアンナです。「初デート 場所 検索」と、Google先生のお世話になった方、多いのではないでしょうか? 確かに「こんなの、初めて♡」と思ってもらえそうな場所へ連れて行きたい気持ちもさることながら、実際にデートの満足度を決めるのはあなたの振る舞いや思いやりだったりします。


まず想像してみていただきたいのですが、ここに書いてある2つのデート、あなたはどちらが嬉しいでしょう。 


雨なのに駅から20分歩かされて到着したのは、ラグジュアリーな外資系ホテル。一流ディナーコースを食べながら、彼の「どうせ俺なんか仕事できないし……」という愚痴を聞き続ける。予約時間が遅かったので、帰りは終電ギリギリで焦る!


行き先は課外授業で行った懐かしの水族館。「あの魚おいしそう」「こんなのいたっけ?」と童心に帰って盛り上がる。その後は近場のカジュアルイタリアンでごはん。彼がスタッフと仲良しらしく、デザートをサービスしてもらう。



999割の方は、つまり100%以上の方が思いやりたっぷりな2のデートを選ぶと思いますが、いかがですか? このようにデートではお金よりも思いやりが肝心。


そこでどんなデートでも、男女問わず応用できる思いやり5つのポイントをお伝えします!


1.家へ帰りやすいデートスポットを選ぶ

デートの候補地が挙がったら「彼・彼女がその後家へ帰りやすい場所」を選ぶことも考えましょう。特に男性はこの手の気遣いを受けたことがないので「○○君は半蔵門線沿いだから、渋谷にしよっか!」なんて言われたらデートの前から陥落する男子、続出です。


2.待ち合わせは遅れても時間を潰せるカフェで

デートとはいえ、不慮の事態で遅刻することもままあります。待ち合わせは駅や目印となる場所の傍にあるカフェにしましょう。万が一片方が遅刻しても、読書でもしながら待っていることができます。逆に「駅の時計前」など、立って待たざるを得ない場所はNG。

デートは出会う前から、始まっているのです……!


3.エレベーターでは入り口のボタンを確保しよう

エレベーターに乗ったら入り口付近の、階数のボタンがある場所を陣取りましょう。これでエレベーターから出るときも相手を優先して案内することができます。男性がエスコートしてくれたらスマートな振る舞いに見えますし、女性がエレベーターで誘導してくれたら思いやりを感じられます。


4.行き先のご飯やさんをあらかじめ調べておく

デートが映画やテーマパークなどご飯と関係ないイベントだったとしても、高確率でその後ご飯を食べに行くのであらかじめご飯やさんは調べておきましょう。


このポイントは「たとえ事前に相手がお店を調べてくれていても、自分もちょっと見ておく」こと。彼・彼女の調べたお店が臨時休業だったとしても、もう片方が調べておけば保険代わりになります。「そういえば、行きたいお店があって」とすぐに次の選択肢を出すことができたら、最高にステキですよね。


5.「~でいい」ではなく「~がいい」という言葉遣い

相手がデートコースや、ご飯を食べる場所を提案してくれたときに「~でいい」という言葉づかいをつい選んではいませんか? 同じことを伝えるなら、折角なので「~がいい」と言い換えてみましょう。「パスタがいい」「あのカフェがいい」と言うだけで、デートそのものが楽しく思えてきます。


おわりに

ここまで、デートで簡単にできる思いやりの手段をお伝えしてまいりました。アラサーにもなってくると「たかがデート」という気持ちにもなりますが、されどデート。折角なので男女問わず、相手に楽しんでもらうためのちょっとした思いやり、足してみませんか?

  • トイアンナ

    外資系企業で消費者インタビューを経験後ライターとして独立。500人超のヒアリングから女子の楽しさも悲しさもぎゅっと詰め込んで文章にしています。現在はアラサーの恋愛とキャリアを中心に多くの媒体で連載中。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ