LOVE

エリートぶってる男性の自尊心をくすぐる一言をチェック!

自称・他称問わず「自分はエリート」だということを意識している男性。そんなエリートぶっている男性の態度に、手を焼いている女性は少なくありません。こうした男性に出会ったら、とりあえず自尊心をくすぐるような言葉をかけて、様子を見てみましょう。今回は、この手の男性と円滑にコミュニケーションをはかり、エリートぶってる男性の自尊心をくすぐる一言をご紹介します。


5割増ぐらいで賞賛する

エリートぶってる男性は、普段から「すごーい!」と言われ慣れているので、いまさら出身校や職業を賞賛されても「別に」という顔をするかもしれませんが、まずは挨拶かたがた「わたしはあなたをエリートだと理解しています」という態度を示しましょう。ひとつの社交辞令です。そこでベラベラと経歴自慢が始まるような男性なら、「大人げないなあ」と適当に聞き流しましょう。


体を気遣う優しさをみせる

エリートぶってる男性は、自分の職業や立場にプライドを持ち、それゆえ、非常に仕事熱心であることが多いものです。連日のハードワークで疲れ気味だったり、体に不調を抱えていたり。そんな彼らに、とりあえずいたわりの言葉をかけてみてはいかがでしょう。こうした気遣いに、素直に「ありがとう。」と答えてくれるような男性なら、悪い人ではなさそうです。


すごいですねの一点盛り

エリートぶってる男性の仕事自慢は、ありがちな自己顕示ですが、褒めてほしいからわざわざ女性に聞かせているのです。こういうときには、とりあえず最後まで話を聞いてあげましょう。そしてとにかく、一言目には「すごいですねー。」と返すこと。「聞き上手」こそが、会話を制するための近道なのです。


Gow!Magazine TOPへ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ