恋愛

「顔だけで許されると思うなよ!」ダメなイケメンの特徴10選

画像説明

女子会で「イケメン」の話題で盛り上がると、次々に「どうしようもないダメな男」のエピソードが出てきます。


ダメイケメンと付き合うのは時間の無駄!

話を聞いているだけでは、誰もそんな男とは付き合わないというレベルです。
そこで、いろんな「ダメイケメン」の事例を入手いたしました。あなたは、顔のカッコ良さだけでどこまで許せますか?


女子会で入手した「ダメイケメン」のエピソードをご紹介いたします。


●その1:とにかくバカなイケメン

「『消費税上がったら困るよね』と言うと『なにそれ?』と、平然と聞き返された。とにかく知能レベルが低くて、今の日本の首相も、アメリカ大統領の名前も分からない! 脳みそが小学生以下」(30歳/薬剤師)


●その2:カメラうつりを気にするイケメン

「みんなでBBQしたり、海に行ったときに撮影した写真をみると、ビジュアル系ロックバンドのように、少し斜めに構えたようなカメラ目線! 自分のなかのキメ顔があるらしい。でも、どの写真も同じ顔の角度、同じ目線で、みんなに大爆笑されていました。かなりキモい」(27歳/アパレル販売員)


●その3:ひ弱なイケメン

「ジャムの蓋を開けてもらおうと頼んだら『こんな固いの開けたら、指が折れちゃうよ〜』、重い荷物を半分持ってもらおうとお願いしたら『腕が抜けちゃうよ〜』と、終始こんな感じで情けなかった。乙女かよ!」(29歳/ヨガインストラクター)


●その4:髪の毛が気になるイケメン

「窓ガラスや黒い車など、自分の姿が映るものにスグに反応して、髪をずっと触り続ける男がいた。どんだけナルシストなんだろうと感心するほど。もしかしてヅラなのか?」(32歳/会社事務員)


●その5:マグロなイケメン

「昔から女に困ったことがないからなのか、セックスがマグロ状態をはるかに超えて、介護の域に達していました。『女は一度やって捨てる』が口癖らしいですが、たしかにこいつと2度目をしたいとは、どの女性も思わない」(26歳/ネイリスト)


●その6:財布を持たないイケメン

「ご飯を食べに行ったとき『ごちそうさま〜』と、あたりまえのように涼しい顔で言われた。女性からの貢物が当たり前の彼は財布をほとんど持ち歩かず、買い物に行っても『これが欲しい!』と当然のようにおねだり。ヒモを飼った覚えはない!」(33歳/経理)


●その7:恥ずかしいイケメン

「何かを勘違いして、やたらウインクしてくるイケメンがいる。お店で料理を注文するときに女性店員さんにもウインクしたらしく、しばらくして店の奥から『うそ〜ウインクって、笑える〜』『でしょう? マジでキモい!』と聞こえてきました。なんて恥ずかしい男なんだろう……」(27歳/派遣社員)


●その8:フェードアウトなイケメン

「顔がよくて無尽に女が寄って来るせいか、ちょっとケンカするたびに『じゃあもういいよ』と、すぐ別れ話。今までも、面倒なことが起るたびにすぐにフェードアウトをしてきたようで、回転寿司のように次々と女性が来ては、あっという間にいなくなるそうです」(29歳/ライター)


●その9:栄光にすがるイケメン

「『小学校のとき、バレンタインにチョコレートを抱えられないほどもらって先生に怒られたっけ』や、『高校のとき、2人同時に告白されて困ったよ』と、遠い遠い昔話をしては、悦に入っているその姿が哀れ」(31歳/税理士)


●その10:悪口、陰口ばかりのイケメン

「いつも上から目線で、『同僚の男がウザい』や、『さっきの女見た? めっちゃブサイク』と、誰かの悪口ばかり。映画を観に行っても『思ったほど面白くかった』、ご飯を食べに行っても『なんか不味くなかった?』で、もううんざり。お前がいちばんウザくて、心がブサイクなんだよ!」(26歳/美容師)

ため息が出るようなダメイケメンのエピソードに、「やっぱり、男は顔じゃないのよね……」と思わずにはいられません。

少しばかり顔のバランスが悪いからといって、女性にちやほやされ努力を一切してこなかったイケメンのなれの果てがこれです。

アクセサリー感覚で付き合うならば良いですが、結婚を視野に入れているアラサー女性はダメイケメンはお呼びでありません。みなさんも、くれぐれも顔で男を選んで、残り少ない貴重な時間を無駄にしないよう、お気をつけくださいませ。



Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ