メールの頻度は恋愛の大きさに比例するもの?

  • 更新日:2015/11/18

画像説明

 男性と女性は恋愛に関しても価値観が色々と異なりますが、それではメールや電話に関してはどうでしょうか。


男性にとってはただの連絡の手段

 たとえば、知り合った最初の頃は男性からも1日何回もメールが来て、まめな人だなあと思って好感を持ち、3か月後に告白されて付き合いはじめてから、以前に比べて連絡が減ってしまったというような場合。彼はもうすでに最初の頃の情熱がなくなり飽きてしまったのでしょうか。

 このタイプの経験をする女性は非常に多く、それについてとても不安に思っている女性もかなりの数いるようです。普段会っているときはいつも通り優しくて楽しいのに電話やメールがあまり来ないとさらに不安になるのかもしれません。連絡が来ないと女性は不安になって色々なことを考えてしまいますよね。女性はラインやらメール、ソーシャルメディアなど媒体を通じてでも人とつながっているのが好きですよね。長電話をするのも必ず女性で、男性の長電話はあまり聞きません。

 これは、ひとえに女性と男性の電話やメールに対する価値観の違いと言っていいでしょう。女性の場合は、メールや電話でも愛をささやいたり、会話を楽しみたい、少しでも彼との接触を持ちたいと思うものなのですが、男性の場合は、メールや電話は用件を伝えるためだけのツールに過ぎないのです。女性は男性が仕事が終わったら電話してくれたり今日あった出来事を報告してほしいなどと思っていますが、男性側は全くその必要性を感じていないのです。

 男性にとって、メールや電話は付き合いの一環ではなく、連絡の手段であり、付き合って会っているときこそがすべてなのです。女性が連絡を欲しがっているからという理由で返信をまめに返してくれる人は多いですが、あくまでもそれを義務だと感じている人が多いようです。

 また、男性の特徴として一度に色々なことをできないということがあります。女性は様々なものに気配りをすることができるのですが、男性は1点集中型です。そのため、自分が仕事をしていたり、友人と飲みにでかけていたら、そのことに集中してしまい連絡を取るのを忘れてしまったり億劫になってしまうものなのです。男性が連絡をしてきてくれないのは、決して自分に飽きてしまったからではないので、そのことに対してあまり男性を責めるのは良くありません。いつも通りまめに会ってくれたり、会ったとき楽しそうにしてればそれはあなたを好きだという証拠です。電話で重たい話をするのも男性はあまり好きではありませんので、自分から気軽な感じで「元気?」などと連絡するのが良いでしょう。


Gow!Magazine TOPへ

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag