恋愛

敵か味方か見極めよ!合コンに出没する人妻の正しい対処法

 

 

筆者の友人である現役合コン女王(32歳独身)によると、最近では既婚女性でも合コンに足繁く通う人たちが増えているようです。
合コンと言えば、本来は独身女子のみに許された聖域。そこに踏み込んでくる人妻とは、一体どんなふとどき者なのでしょうか。

 

 

■その1:根っからの幹事気質の人妻

 

いわゆるアネゴ系の仕切り屋で、イベントを企画するのが大好きなタイプです。
面倒見が良く流行りものにも敏感、クーポンサイトもマメにチェックしています。
このタイプは合コンのみならず、女子会にも強い味方。
「~~で使えるいいお店ない?」とお店情報を調べる際にもとても重宝する存在です。

 

大学時代にはサークル長だった、というような人妻なら、合コンメンバーに入れておいても害はないでしょう。サークルでつちかったスキルで場も盛り上げてくれるので、自分たちは1対1の戦いに集中することが可能です。

 

このタイプの人妻には「いつも幹事ありがとう」とねぎらいの言葉を掛けていい関係を保つべし。

 

ただし全ての状況を把握しないと気がすまない性格が多いので、 時々「なんで相談してくれなかったの?」などの、面倒くさいコメントをするのが難点。

 

 

■その2:ちやほや感が忘れられない人妻

 

やっぱり多いのは、ちやほや感を味わいたい、という人妻です。
この手のタイプは、ただ男好きが治らずに合コンに参加しているだけ。
ぶりっこテクで結婚したような女は、人妻になってもぶりっこで、常に男の視線を欲します。

 

大きな特徴は、「既婚だということを最初に言っちゃう」ということでしょう。その理由は、「え~そんなに若いのに人妻なの? てか逆にエロいっす」みたいなちやほやが快感だから。

 

さらには、料理が運ばれてくるたびに「これはこうやって作るといいんだよね」と頼まれてもいないのにレシピを披露。「料理上手の奥さんなんて、旦那さんはラッキーですね」というおべっかで、自分の価値観を見出したいのです。

 

このタイプはカップル成立率を無駄に下げるので、合コンという名の戦場から即刻排除すべし。

 

 

■その3:人脈を披露したい成金気質の人妻

 

「○○会社(ベンチャー)の社長さんから合コン頼まれちゃったんだけど~」などと、さりげなく人脈の広さをアピールしてくるタイプ。
中には青年実業家だけでなく、スポーツ選手や芸能人まで、その人脈の広さにはビックリの人妻も。ただの自慢好きと思わずに、仲良く付き合うといいこともありそうです。

 

しかもその目的は、人脈を披露して「すごい人とお知り合いなんですね」的な評価が欲しいだけなので、ある意味ボランティア精神満載の独女界のマザーテレサ。
仕事のスカウトや、特別席でのスポーツ観戦など、恋愛に発展しなくてもおいしいメリットが多いので、仲良くしておいて損はありません。

 

褒めておだてて持ち上げて、適度に仲良くなっておけば「使える合コン要員」として定期的に声をかけてくれるでしょう。

 

 

■合コン人妻を活用して婚活しよう

 

「結婚もして男遊びもしてなんて、いいご身分ね!」と、一昔前では敬遠されていた感のある合コン人妻ですが、 既婚男性のように「浮気相手探し」という目的の人は意外と少数派です。

 

逆に独身時代の経験とコネを生かして、独女にもありがたい恩恵を与えてくれることもあるようです。
ここは仲良くしておいて、イイ男探しにうまく有効活用させてもらったほうがよさそうですね。

 

 

◆こんな女には気をつけて…
これは恋愛対象外!「合コンで見かける女子の不思議な行動5選」
好感度が雲泥の差!「サバサバいい女」と「偽サバサバ女」の違い

 

 

■関連コラム
女の頭脳炸裂!合コンのチームプレイ
あまり知られていない合コン必須テク
友人をやめたくなった女の特徴
男が知らない「女子トイレ事件簿」
オンナ同士のタブー「オナニー」の話

 

 

Gow!Magazine TOPへ

 

 

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ