恋愛

いつもの会話に少し付け加えるだけ!男性との距離が近づく会話術

せっかく男性と知り合ったのに、親しくなるきっかけがなかなかつかめないと悩む女性も多くいます。

とくに、お互いアラサーのいい大人だと、差し当たりのない表面上の会話が進んでしまい、結局深い話に到達できず終わってしまう、ということも。


今回は、いつもの会話に少し付け加えるだけで、男性との距離が近づく会話術をご紹介します。


無意識に男に好かれるA子の秘密

友人のA子は、なぜか周囲の男性から「オレのこと、好きなんじゃない?」と勘違いされることがよくあります。A子本人は自覚もなく、なんだそうです。

男性とどうやって距離を縮めようか悩んでいる女性にとってはうらやましい限りです。


筆者がA子の行動を検証した結果、男性に気を持たせてしまう秘密は“会話”にありました。

A子は初対面の男性に対してなにかと“きっかけ”に関する話をふるのです。


たとえば仕事の話題。

「お仕事何されてますか?」「IT系です」「忙しそうですね」「いやいや、それほどでも」と、無難な展開になりがちです。

しかし、A子の場合、男性が「仕事はITです」と言えば、すかさず「その仕事をしようと思ったきっかけって何ですか?」と質問します。


これもよくある出身地の話題。

「出身は宮城なんですけど」「宮城のどのへんですか」「仙台の近くで」「いいとこですよね」というのが無難な展開です。

そこをA子は「東京に出てきたきっかけって何ですか?」と質問します。


少しだけ気まずい方がいい

このように、すぐに“きっかけ”を質問をするA子。

きっかけというのは、個人的な考え方や思想が深く関わっていることが多く、いきなりこれを聞かれて言葉につまる男性も多くいます。


この、会話が一瞬途切れて気まずい空気を避けるため、大人は当たり障りない会話ばかりしがちです。

しかし、その気まずさが逆に、強く印象に残るようです。

そしてなにより、「きっかけを聞いてくるなんて、オレの人となりに興味を示している」と感じるので、相手の男性はA子を意識しはじめるのです。


みなさんも積極的に「そのきっかけは?」という会話の展開をめざしてみてください。

きっとその男性との距離が縮まるはずですよ。


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ