恋愛

好きか嫌いか分からない!AB型男子が周囲をふり回す理由10選

「彼に好かれているのか、嫌われているのか分からない……」

AB型男子の行動が意味不明で、混乱してしまう女性はいないだろうか。

実際に筆者の周りに居るAB型男子からリサーチした彼らの心理を解説しよう。


AB型男子が周囲をふりまわす理由10

●その1:フラッといなくなる

気ぃ遣いのAB型男子は、誰かといるだけで息が詰まる。直接は言いづらいので「ちょっと出てくるわ」なんて意味深な言い回しになる。「ちょっとって?」と聞くと無条件にウザがる。彼の行動範囲は限られている。どうせいつものコンビニか本屋かスーパー銭湯なので放っておこう。


●その2:こだわる理由

自分ルールがあるAB型男子。「醤油は生卵、焼き魚、豆腐で使い分ける」「サーティーワンのアイスはラムレーズンしか食べない」といったこだわりも。そんな己を得意げに思っている。こだわりは譲らないが、他人に強要もしない。


●その3:神経質な理由

他人に自分のモノを触られたくないAB型男子。どんなに気を許していても、それとこれは別なのだ。「イヤなのものはイヤなんだからわかってくれよ」と思っている。「オレのものは触らなくていいから」と冷たく言われてもとくに傷つく必要なし。


●その4:突然趣味が増える理由

好きなものはとことん追究するAB型男子。小さなきっかけから、いつのまにか同好会に入るまでの趣味となり、「ちょっといってくる」と出かけていく。「そんな話聞いてない、女かも、怪しい!」というのは取り越し苦労。趣味を共有するという発想がないだけだ。


●その5:予定を合わせてくれない理由

彼女がいてもいなくても年間スケジュールがあるAB型男子。「夏はハワイ、冬は北海道。アノ店に入って、アレを食べる」ところまでとっくに決まっている。「文句があるなら来なくてよし」と、相手に合わせる気は少しもない。バッサリと切り捨てられる感にゾッとするが、ついていってみるのも新鮮で面白い。


●その6:二重人格の理由

AB型が二重人格といわれる理由は、気を遣いすぎるあまりである。実際、気心知れたヒトと、そうでないヒトに対する態度は月とすっぽんほど違う。内弁慶ってやつだ。「オレはオレでやるから、そっちも好きにして」という言葉が出たら最大級に信頼している証。


●その7:興味を示さない理由

大切なこと以外はどうでもいいAB型男子。あなたが熱弁していても「それはどうでもいいや」と言えるのは、気心許しているからだ。彼のなかでは執着に値するモノやヒト、興味の対象は確固としており、それ以外は本当にどうでもいいのである。これはしょうがない。


●その8:親友と会いまくる理由

大切にすると決めたヒトは大切にするAB型男子。「アイツいい奴でさ」と言う友だちとはしょっちゅう会う。本当に男友だちなのかと疑いたくなっても、乗り込むのは絶対にダメ。ものは考えようで、あなたのことを一度大切だとおもったら、まず裏切らない。放任しよう。


●その9:融通がきかない理由

なんでもフォーマット化したいAB型男子。「お風呂で歯を磨く」と決めたら、テコでも磨く。行きつけの定食屋では「いつもの席」に座る。「朝食にはピーナツバター」といったら飽きるまでそれがいい。そのためせっかく彼女ができても「泊まってもいいけどバスタオル持参してね」などと真顔で言うが、まったく悪気はない。


●その10:突然弱音をはく理由

他人に本音は見せないAB型男子。それゆえ外面と本音のギャップに疲れるときがある。そんな彼に「会いにいっていい?」などと意思表示されたら最上級の愛情表現といえる。


AB男子を理解しようとするのはやめよう

AB型男子の言動が一見冷たくみえるのは「他人は他人、自分は自分」という絶対的な価値観が根付いているからだ。どんなに好きでも自己犠牲はありえないし、相手を縛ることもしない。

それでも一緒にいることそのものが彼にとっては既に特別な存在なのだ。


二面性があるAB型男子をすべて理解しようとせず、「こういう人なんだ」と丸々受け入れてあげよう。


女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ