恋愛

顔の形、唇の厚さ…すぐ使える!パーソノロジーで性格を見抜こう


最近よく耳にするようになった「パーソノロジー」。

 

自分磨きよりもパーソノロジー!?

アメリカで発展した最新の人相科学で、約2万人以上から取った統計を最先端の脳科学や統計学で分析したデータをもとに、性格を見抜くという学問の一つです。
その精度は85%以上の正確さで、相手の顔を見るだけで、性格やお金の稼ぎ方さえも分かってしまうのだそうです。

今回は150以上あるとされる項目の中から、男性選びにためになりそうなものを紹介します。


●目と目の間隔
両目の間隔が狭い人は神経質で、細かいことに意識がいくタイプ。

デートの待ち合わせに少し遅れただけでイライラし、口うるさく注意してくる傾向があるそうです。

旦那にするなら、両目の間隔が広い、おおらかで許容範囲が広いタイプのほうが円満に過ごせそうですね。


●黒目の大きさ
「目は口ほどにものを言う」ように、目は感情をよく表します。

少年のように純粋な心を持っており、人生を楽しんでいる人は黒目の占有率が大きい傾向があります。

ストレスを感じている人は感情を出さないよう、目の筋肉を無意識に収縮しているため、黒目が小さい傾向にあります。


●唇の厚さ
上唇の厚い人は、自分の気持ちをしゃべりたがる人が多いそうです。

もし気になる男性の上唇が厚かったなら、聞き役に徹すると上手く行くかもしれませんね。

下唇が薄い人は、他人のために時間やお金を使うという意識が乏しい人。
下唇が厚い人ほど気前よく、プレゼントやごちそうをしてくれますが、考えなしにお金を使う傾向があります。

結婚を考えるのであれば、財布のヒモはあなたが握ったほうがいいかも。


●左右対称
右の眉だけがつり上がっていたり、唇が歪んでいるなど、顔に左右の違いがある人は、浮気症タイプなのだとか。

右脳と左脳に一貫性が無く、気持ちがコロコロと変わりやすい性格が、顔の左右の違いになって現れているのです。


●丸顔
丸顔の人は根拠のない自信を持ちやすい性格なので、その気もないのに優しくして勘違いされないように、付き合い方に注意が必要かもしれません。

逆に面長の人はビビリなので、女性側から告白しないと恋が始まらないタイプです。


●鼻の形
ワシ鼻の人はお金やモノの価値に敏感なため、ビジネスを成功させる力があります。

鼻が低い人は、見返りを求めずに、人の役に立つことに喜びを感じるタイプなので、お金で苦労することもしばしば。


カップルの2組に1組は離婚するアメリカでは、パーソノロジーを学んだ夫婦の離婚率が10%以下に下がったことが証明されているのだそうです。

その理由としては、パーソノロジーを学ぶことで、自覚していなかった自分自身の性格や、相手の考え方が分かるので、人付き合いが円滑にできるようになったためと考えられているようです。

女子力を磨くために英会話やお料理を習い始めるのも結構ですが、自分にあったパートナーを見つけるためにパーソノロジーを身につけてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ