恋愛

年末年始に要確認!「結婚後どうなる?義実家との付き合い方」

大家族

そろそろ彼との結婚を考えているのなら、彼の育ってきた環境や、ご両親のことなど探りをいれておきたいものですよね。

というのも、結婚するつもりならカレの実家との関係はかなり重要。

これから紹介する方法で、『未来の義実家との付き合い方』をさりげなくチェックしましょう。


未来の義実家との付き合い方チェックリスト

さりげなく彼に「実家の年末年始はどんな感じなの?」と聞いてみましょう。

以下のような話題が出たら要注意です。


●その1:「年末から必ず実家に帰る」

結婚したら自分も年末年始は必ず義実家へ行かなければならない、ということです。


●その2:「正月は親戚一同集まって宴会をする」

結婚したら自分も参加しなければならない、ということです。嫁として労働力も期待されるでしょう。


●その3:「おせちは母親の手作り」

義母と同じ台所に立ち、先祖伝来の味を受け継がなくてはならない可能性があります。


●その4:「元旦は男がモチを焼く」

一見ラクなお正月を迎えられそうなセリフですが、裏を返せば「元旦以外、男は料理をしない家系」ということです。


●その5:「年末には臼と杵でモチをつく」

今のご時世、あまり臼と杵を持っているご家庭は多くありません。しきたりの多い旧家の可能性大です。


●その6:「冬休みに母親の実家になんて行ったことない」

嫁いだら最後、年末年始に自分の実家には帰れません。覚悟しましょう。


●その7:「大みそかは家族そろって紅白」

ダウンタウンの「笑ってはいけない」を見ながらの年越しは不可能です。


●その8:「姉のところが子だくさん」

出ていくお年玉がハンパないということです。


●その9:「正月には近所の本家のところへ挨拶に行く」

義実家どころか義親戚付き合いが濃密です。「本家」「分家」という言葉には敏感になっておいて損はないです。


●その10:「実はまだ母親からお年玉をもらっている」

まさかのマザコンです。マザコン男との結婚は苦労しますよ。


結婚とは義実家とも縁を持つということ

「彼の実家はお金持ちだから、年末年始はリッチに海外で過ごせそう」

なーんて思っていたら、実は旧家の出身でガチガチに親戚づきあいを強要され、お正月は中居さんのごとく働きづめ……、なんてこともありえます。


この10項目をチェックしたあとは、逃げるかがんばるかはあなた次第。

ふたりの今後をじっくり考えましょう。


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ