恋愛

1年以内に結婚したい女性必見!今年、結婚を決めた女のスゴ技

結婚を決めた女たち

あなたは○歳までに結婚をしたい、という理想はありますか?

その期限が迫っている場合、彼氏とどうやって結婚に持ち込んだらいいか頭を悩ませていることでしょう。

そんなあなたのために、『結婚を決めた女のスゴ技』をご紹介します。

結婚のタイムリミットはありますか?

結婚のタイムリミットを決めている女性は多くいます。

その年齢が迫っているとどうしても焦ってしまいますよね。

しかし、精神的にも体力的にも弱い今どきの草食男子に「できちゃった!」と結婚を迫っても、下手したらそのまま音信不通になりかねません。


そんなあなたに、今年結婚を決めた筆者の友人たちの『スゴ技』を紹介します。

こころしてご覧下さい。


今年結婚を決めた彼女たちのスゴ技

スゴ技1:男を自分に寄生させる

「33才までに絶対に結婚する!」と、強く心に決めていた33歳の歯科助手のE美。

じつは結婚というよりも、35歳までに出産することが一番の目標です。

35歳以上だと高齢出産の扱いになり、出産リスクも高まるからだそうです。


彼女がとった行動は、まず、3LDKのアパートを借りる。

そして、料理学校に通う。

その後、婚活パーティーに参加しまくり、自分と年齢の近いおとなしい男性と出会う。


実際に、家事や炊事を母親に頼っているという、親と同居中のパラサイト男を狙いました。

「部屋を掃除しなさい」「早く嫁をもらえ」などと小言をいう親から、美味しい料理を作り、文句ひとつ言わずに家事をそつなくこなす自分へと、寄生先をシフトさせたのです。

あとは家庭に入れるお金、姑との同居問題、ゴミ出し&掃除当番など、全てを彼女がテキパキと決めて、彼は完全に言いなり状態に。

出会って4ヶ月の短期集中攻撃で、見事ゴールインを果たしました。

そんな彼女の格言は「結婚はいつでも、何度でもできるが、出産にはタイムリミットがある」。


彼女がうまくいったポイントは、「35歳までに出産」という、明確な人生設計があったことでしょう。

それを達成するため、入念な下準備、狙うべき相手をしっかりシュミレーションしていたのが勝因です。


スゴ技2:ニート彼氏に惜しげもなく投資する

社会人テニスサークル仲間の8歳年下男性と付き合いだした、38歳のY子。

彼女は農家のひとり娘なので、家業を継いでくれる婿養子が欲しいと思っていました。


彼女が立てた作戦は、農家ゆえの広大な敷地と資産を駆使し、家族ぐるみでとにかくプッシュ!


彼は「大学の卒業旅行で行った中国で食べた点心が美味しかったから」というカワイイ理由で、将来、自分の飲茶屋を持つことが夢。

そこを狙い、無職だった彼に、中国に3ヶ月間の料理修行資金を出してあげました。

さらに実家の納屋を500万円かけて改装し、飲茶屋をオープンしてしまったのです。

そして、年明けには盛大な結婚披露宴が開かれるとのこと。


飲茶屋の稼ぎはそれほど期待していません。もし店が流行らなくても、農家の大事な働き手として利用する考えだそうです。


結婚するのは難しくない!

「あっぱれ!」としか言いようがない彼女達のスゴ技、いかがでしたか?

そんな彼女たちの共通点は、まったく甲斐のない男性に対して、女性側に圧倒的な甲斐性があること。そして、男性に頼りがいを求めることなく、「言いなりになってくれる夫がいればいい」と割り切っているところが、なによりの成功ポイントと言えるでしょう。


今どきの結婚事情の現実をしっかりと受け止め、ここまで腹を括って取り組めば、成せないことなどなにもない!

その覚悟があれば、結婚なんて難しいことではないのかもしれませんね。



Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ