恋愛

キレた後は優しい彼。信じてもいい?

 

 

ささいなことでも自分の思い通りにならないとキレて、殴る、蹴る、怒鳴る、脅す…。

 

こんな相手ならばDV(ドメスティック・バイオレンス)を疑ってみて。

 

 

DVとは、夫婦や恋人、家族など親しい間柄で起こる暴力行為のことで、身体的虐待(暴力)、精神的虐待(脅す・ペットを虐待する・自由を与えない・無視・人前でけなすなど)、性的虐待(避妊に協力しない・性交を強要)、経済暴力(生活費を入れない・お金を持ち出す・家族や恋人のカードを切るなど)、社会的隔離(人に会わせない・電話や手紙、外出を制限する)などがあります。

興奮がおさまると「反省してる、ごめん」など謝罪の言葉と優しい態度で接してくる場合、「今度は信じてみよう」と許してしまいがち。

 

 

だけど、その繰り返しが2回、3回と続くなら、自分だけで解決しようと考えないで、事態が悪化する前に距離を置いたり、信頼できる人に相談したりすること。

 

また、DVは簡単に治るものではなく、長期のカウンセリングが必要になることが多いということも心にとめて接してみて。

 

 

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ