恋愛

好きな人にチョコを渡すと友情で終わる?バレンタイン夢占い5選

バレンタインの夢

今日はバレンタインデーです!

ここ数日、寝ている時に、バレンタインに関する夢を見ることがあるかもしれませんね。


でも、現実が夢に反映されているだけとは限りません。バレンタインに関する夢について詳しく解説していきましょう。


■好きな人にチョコを渡す夢は友情で終わる?

●その1:好きな人にチョコレートを渡す

チョコレートは友情の象徴。

好きな人にチョコレートを渡すのは、その恋が友情で終わることを暗示します。


夢を見ている本人の想いを考慮すると、好きな人にチョコレートを渡すというのは、あり得ない夢であり、友情というチョコレートの意味が反映されていると判断します。


ただし、チョコレートを渡す相手が父親や男性の友人であれば、その想いが通じることを予知します。

父親や男性の友人は、好きな人の代役として夢の中によく登場し、お菓子は恋愛や特別な想いを象徴するものです。


つまり、父親や男性の友人は好きな人の代役であり、チョコレートはお菓子を象徴していると判断し、「バレンタインデーに、好きな人への想いは通じる」と診断します。


好きな人の前で「好き」というのは照れるので、その気持ちが夢に反映され直接的な表現を避けていると考えてください。


『好きな人にチョコレートを渡そうとして拒否される』の場合は、友情ではないと好きな人が示している判断できるので、これも想いが通じる夢となります。


逆夢と呼ばれる部類の夢です。


●その2:好きな人からチョコレートを貰う

友情や味方が得られるという意味になりますが、好きな人から貰う場合は、まだ恋愛が成就する可能性が残されていることを示します。


「最初は友達から……」という時でも、このような夢を見ることがあるからです。


●その3:好きな人にお菓子を渡す

チョコレートではなく、チョコレートケーキやチョコレートドーナツなど、お菓子のカテゴリーになると、恋愛に関するトラブルを暗示します。


お菓子は依存心や甘さなど、悪い意味を採用し、何らかのトラブルが生じると判断します。


ただしチョコレートと同じで、渡す相手が父親や男性の友人であれば『絆が深まる』と意味が変わります。


●その4:好きな人からお菓子を貰う

好きな人から想われていることを暗示します。

自分から行動するのではなく、相手が主導の受け身の状態ともいえます。


予知夢に分類される夢です。


●その5:好きな人にプレゼントを渡す、貰う

プレゼントが包まれていて中身が判らない、と夢の中で感じている場合は、渡しても貰っても、両想いになれることを暗示します。

プレゼントは気づきや気持ち、理解を象徴しているのですが、中身が見えないということで直接的な表現を避けていると判断できるのです。


プレゼントの包みを破いて中見が判明すると、意味が変わってしまいます。


■夢からのメッセージを活用してみては?

人の心は複雑です。

その複雑さが夢にも反映されるのです。

それでも、夢を見ることには意味があります。

好きな人にチョコレートを渡す夢であれば、今はまだその時期ではないと無意識が教えてくれているとも考えられます。


それを避けたからこそ、好きな人との偶然という運命の出逢いが待っているかもしれません。


夢からのメッセージ、上手く活用してくださいね。


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ