恋愛

女子会→合コンの流れが最適!婚活の新スタイル「二次コン」

婚活の新スタイル「二次コン」


2013年も残りわずかということで「年内に彼氏をゲットする!」と意気込む独女たちは、まだまだ出会いを求めて合コンに明け暮れる日々を送っています。


しかし仕事に忘年会に年賀状作成など、12月は誰もが忙しく、時間も懐事情も体力さえも厳しいのがアラサー女子の現実です。

それでも彼氏を作るべく、「合コンしたい!!」と願う独女が生み出したのが「二次コン」と呼ばれるスタイル。

1軒目で女子会をした後、二次会で合コンをするという「二次コン」がいま流行している理由を、婚活ライターの筆者が、体験談とともに紹介します。



■二次会で合コンが働く女子のトレンド!


●女子会で腹ごしらえ

7時ごろに居酒屋などに集合して、男性の前ではオーダーしにくい「いかの塩辛」や「馬刺し」なども気にせず注文。女子同士なので、料理を取り分けてあげたり気遣いをしなくて済むのが、なにより楽なのです。

合コンといえど、初対面の異性とご飯って、意外と疲れますからね。



●作戦会議バッチリ

帰るタイミング、アドレス交換方法などの作戦会議を事前にしておくと、女子同士のチームワークが取れて、合コンの流れがとってもスムーズ。

合コンの後に反省会と称して女子会をし、ダラダラと女同士の足の引っ張り合いをするより、100倍建設的です!



●合コンは9時スタート

合コンの開始時間を7時にすると、集まって来た男性がフリーターばかりだったなんてことはありませんでしたか? そう!良い会社に勤務している正社員の男性は、仕事上がりが遅いのです。

なので、9時スタートはベストと言える時間かもしれませんね。



●会場はオシャレバー

合コンはガヤガヤした居酒屋ですることが多いですが、二次コンはオシャレバーで行います。

「何食べる?」「取り皿ある?」などと料理に気を取られることなく、店内も静かで、お酒でしっぽり会話を楽しめるせいか、短時間でも親密度は上がります。お店のムードって、以外と大切ですよね。



●1時間程度で解散

二次コンの最大の魅力は、ハズレ合コンのときに、終電を理由に1時間程度で解散できるということです。

開始時間が早いと、「カラオケ行こうよ~」などと、ズルズルとハズレメンズに付き合わされる可能性もありますが、二次コンならそんなムダなお金と体力を使わなくてすみそうです。



●ごち率が高い

女子はご飯を食べて来ているので、二次コンではドリンクが中心となり、お会計が安くなります。すると、男性がごちそうしてくれる確率が上がるというわけです。

シビアに割り勘されることも多い昨今の合コンですが、オシャレバーでお酒をごちそうされると、うっかりときめいてしまうのは、筆者だけではないハズ。



■時間とお金を節約できる「二次コン」


先日参加した、結婚式場を貸し切っての大婚活パーティーは、参加者が男女合わせて100人を超え、誰が誰だったか分からなくなる始末。さらには13時~19時までの長丁場で、参加費が6000円!!婚活慣れしている筆者といえども、アラサー独女には全てがキツかったです……。

これからは短時間で経費も安く、少人数で気軽にできる「二次コン」スタイルがおススメ。連日の婚活疲れでヘトヘトになっているのなら、ぜひ二次コンはいかがですか?



関連コラム

クリスマスなのに時間とお金がない…時短女子必見おしゃれツール

2013年!タイプ別・男性が喜ぶクリスマスプレゼントの選び方

新宿二丁目で目撃…肉体派イケメン俳優N「夜の接待力」

裸族はもう古い!下半身を解放する「空気パンツ」がブーム


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ