恋愛

予想外!恋を終わりに導いたクリスマスプレゼント5選

クリスマスプレゼント

クリスマスまで1ヶ月を切りました。

今年のクリスマスのご予定はお決まりですか?


恋人と過ごせれば最高ですが、中には友達以上恋人未満の「彼」とデートする人もいるのでは?

そんな微妙な関係にこそ求められるのは“慎重さ“です。


とはいえ、彼からクリスマスに誘われた、誘ってOKをもらったことで、つい気持ちが先走ってしまうのも事実ですよね。


今回は、片思いの相手を思わず引かせてしまったクリスマスプレゼントをご紹介します。



これってナシ?男性に引かれたプレゼント

●その1:パンツ

「パンツはクリスマスプレゼントとしてアリですよね? 少なくとも私はその認識で、付き合っていない関係でもOKだと思っていました。2年前のクリスマス、当時気になっていた男性にパンツを渡したところ、すごく照れて恥ずかしがっていたんです。そしてなぜかその後は疎遠になってしまいました。なにがいけなかったんでしょうか?」(31歳/PR会社)


●その2:ブランド物

「3カ月ほど月2ペースで遊んでいた片思いの男性がいました。その彼とクリスマスにお茶をしたとき、ポール・スミスの財布をプレゼントに渡したんです。彼の誕生日も近かったので、ちょうどいいかなと思ったのですが、かなり怪訝な顔をされ、『財布のような高価なものは恋人向きのプレゼントだ』みたいなことを指摘されました。『じゃあ、付き合ってよ』とは言えず、私たちの関係は終わってしまいました」(28歳/ライター)


●その3:手編みのもこもこ靴下

「昨年のクリスマスに、片思いしていた男子とごはんに行きました。彼が『女の子みたいに冷え性なんだ』と話していたので、手編みのもこもこの靴下をプレゼントしたんです。ところが全然喜ばれず……。手編みという事実に引いていました。『ありがとう、使うね』と言われたものの『既製品でいいじゃん』オーラが漂っていましたね。マフラーとかセーターじゃないんだからいいじゃん、と逆ギレしそうになるのを抑えました」(29歳/メーカー)


●その4:夜景の見えるレストラン

「年下の可愛い男の子(28歳)と仲良くなり、恋人がいない者同士、クリスマスに食事をすることになったんです。年上のおねえさんがリードしなくてはと、新宿の高層階にあるオシャレなイタリアンを予約しました。東京全体を見渡せる絶景です。喜ばれるかと思ったのに彼ときたら『バブル世代のオジサンみたいなチョイスですね』と笑顔で一言。悲しくて恋する気持ちも冷めました」(35歳/Webディレクター)


●その5:2人きりでのお祝い

「3歳年上のイケメン美容師と親しくなって『クリスマスの仕事帰りにごはんに行こう』なんて話をしていたんです。だから店を予約したのに……。彼の誕生日が12月31日だから、クリスマスの日にお祝いしちゃおうと、私なりに気を利かせたつもりでした。食事のお店を彼に告げたところ『ふたりでお祝い? えっ? そんな関係じゃないし……』と拒否されてしまいました。ごはんに行こうと言っていたのは何だったのでしょうか?」(26歳/営業)


失敗したプレゼントはどこへ?

せっかくのプレゼントが台無しとしか思えないエピソードばかり。


これらのプレゼントはどこへ消えていくのでしょうか?


KOTOBUKI お祝い研究所が男女400人を対象に行った「お祝いのプレゼントに関する意識調査」によると、25%の人がもらったプレゼントを捨てた経験があることが分かりました。


また「不要なプレゼントはどのように扱いますか?」の問いに対しては、61%が「放置」、続いて31.3%が「家族にあげる」となり、相手にとって不要なプレゼントが悲しい末路をたどっていることが分かります。


では何をあげたら失敗しないのでしょうか?

「決してお金はかかっていないけど嬉しい、お祝いのプレゼントは?」と聞いたところ、55.5%が「お祝いの言葉」と答えていました。


片思いの相手には、変に気張ったプレゼントを渡すよりも、当日に「メリークリスマス」とか「おめでとう」の言葉をかけるだけでOKなのかも知れません。


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ