恋愛

せっかくの求婚なのに…女子が断りたくなったプロポーズの言葉

g-090901


全女子が憧れる男性からのプロポーズ。


彼からこんなことを言われたい、プロポーズされるならこんなムードがいいな……とあれこれ想像するのは、10代の女子もアラサーも同じですよね。


ですが、実際は「こんなところで言われても……」とムードのないプロポーズでガッカリしたり、プロポーズの言葉がなくて流れで結婚した、というケースも珍しくありません。


そこで今回は、せっかくの求婚だけど思わず断りたくなったプロポーズの言葉をご紹介しましょう。



■女子が思わず断りたくなったプロポーズの言葉5選


●その1:逆切れプロポーズ


「私の彼氏の友人ですが、夜遅くまで飲んでたら、彼女に電話でキレられて『もう、俺は結婚するつもりなんやから、そんな責めんでくれ!』みたく電話で(しかも酔った勢いで)プロポーズしたらしいです。しかも、次の日彼氏は言った事を覚えてなかったそうな」

(引用:『発言小町』)



●その2:保険金プロポーズ?


「私の場合、付き合い始めて半年後にいきなり『じゃー、お前の両親に来週あたり会いに行くから。結婚式はあんまりやりたくないから、籍入れるだけでいいよね』と言われました」

(引用:『発言小町』)



●その3:突然のプロポーズ


「付き合ってもいない幼馴染みからいきなりプロポーズ? をされました。『彼氏いるの?』ときて、いないと答えると『じゃあさその結婚なんだけど俺としないか?』と唐突にきました。『私たち付き合ってないし、そんな関係じゃないよね? それでどうして結婚しようとかって話になるの?』と突っ込みました」

(引用元:『発言小町』)



●その4:勘違いでプロポーズ


「付き合ってもない、職場の上司からプロポーズされました。意識したこともなかったし、プロポーズしてきた上司にはお断りしました。すると酷い人間だ。このまま仕事は続けられない。辞める。と言い出す始末。40歳も過ぎてプライベートな感情と仕事を分けられないなんて…と幻滅してしまいました」

(引用:『Yahoo!知恵袋』)



●その5:将来を見越してのプロポーズ?


「『これからも俺とずっと居てほしい。そして俺の親を介護してほしい』 思わず『はい?』って返したら、向こうも『えっ?』って。彼の両親は今のところ元気(のはず)」

(引用元:『2ちゃんねる』)



■プロポーズ=女の幸せゲット、ではない!


結婚願望がある女性ほど、プロポーズにはロマンチックな妄想を抱きがちです。


しかし、現実はどうでしょう?


男性がプロポーズの言葉やシチュエーションにこだわることはレアケースで、だいたいは「気持ちが伝わればなんでもいい」と思っているようす。


今回はどれもガッカリなエピソードばかりでしたが、一時のプロポーズに憧れるよりも、その後の結婚生活をちゃんと見据えられるようにしたいですね。



関連コラム

感動プロポーズ間違いなし!? 自分に自信をつけるボディを手に入れる方法

他の女子から差を付ける!肌本来のチカラを呼び起こす美肌ケア

パンの上に寝てSNS炎上!ハンバーガー店員に対する海外の反応

10年間悩んだ恋がわずか1日で実った…究極の方法


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ