恋愛

野菜ソムリエ、DIY…男がドン引きする婚活女子の「自分磨き」

g-082901


日頃、あちこちでよく耳にする“女子力”。


たとえば、家庭的で料理上手だったり、美容やファッションに気を配ったり……。


はたまた、素敵な男性をゲットするためにも、これらの女子力を磨くことは大切ですよね。


しかし、現実は女性が思っている女子力と、男性が思っている女子力には大きな食い違いが見られるようです。


そこで今回は、男が内心ドン引きしている女性の勘違い「自分磨き」について、周囲の男性たちに聞いてみました。



■女子力=自分磨きの間違った方向


●その1:野菜ソムリエを目指す


「元カノが『女度を磨くために、野菜ソムリエの資格を取る』と、言い出したときは意味が分からなかった。休日になると決まって机に向かう姿を見て、ちょっと引きましたね。調理師や栄養士なら納得がいきますが、なんでそんなピンポイントな資格をチョイスしたのか、いまだに謎です」(29歳/公務)



●その2:ダサいDIYに力を注ぐ


「雑誌の特集などを見てDIYにハマり出した彼女。アクセサリーから洋服のリメイクまでするようになったのですが、どれもちょっとダサいし、逆に女子力低下してるよ、と思いました」(30歳/広告)



●その3:行き過ぎた書道講座


「『字が上手くなりたい』と通い始めた書道教室。『わざわざ金払って行かなくても……』と反対したんですが、確実に綺麗な字になっていくところを見て、結果オーライと思っていました。でも、次第に達筆すぎてどう読んでいいのか分からなくなったときは、さすがにドン引きでしたが」(28歳/IT)



●その4:ネイルアートが凶器並み


「自分磨きと称して彼女が熱心に取り組んでいるのがネイルアート。週1でネイルの教室にも通いだし、ジェルネイルでまるで凶器のように長い爪をつけています。『ジェルは硬いから、料理もできるんだよ~』と言うけど、やっぱりなんか気持ち悪い」(31歳/メーカー)



●その5:家庭菜園が農家レベルに……


「料理好きの彼女が、マンションのベランダでハーブやトマトを育てているのを見たときは、すごく微笑ましかったです。ところが作りたい野菜が増えてきて、都内近郊で畑を借り出したときは、正直『そこまでするか?』と。デート直前でもつなぎ姿で草取りをしているし、『今年は豊作だよ!』と嬉しそうにいわれても、どう答えていいのかわかりません」(32歳/製造)



■過度の自分磨きは男を遠ざける?


当の本人は頑張って女子力を磨いているつもりでも、過度の努力は男を返ってドン引きさせるだけ。


女子力を高めることは大切ですが、何事もほどほどが一番。


とくに付き合っている段階、これから気になる彼にアプローチをする際は、くれぐれも勘違いな「自分磨き」で男を幻滅させないように気をつけましょう。



関連コラム

ときめきが消えた!?彼の気持ちを取り戻したメール××とは?

AVの見すぎ!女子が萎えた男子の勘違い企画モノセックス

職場、飲み会、友人同士…女子がやりがちな失言失敗談

Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ