恋愛

あなたはズバリどっち派!? 恋愛における究極の選択5選

お金と愛を天秤にかける

先日発売された書籍『どっち派!?』(宝島社)が笑えると女子の間で話題を呼んでいます。

その内容はというと、「2年に1度浮気する男 VS 毎日臭い男。付き合うならどっち?」など、女子に究極の選択を突きつける質問集。


実際に、恋愛における究極の選択を突きつけられた女性たちのエピソードを紹介します。


あなたなら、どっちを選択しますか?


■あなたはどっち派!? 恋愛の究極選択

●その1:偽イケメンVS優しいデブ

「合コンで、イケメンの男性がいたので猛アタックをしたところ、電話番号を教えてくれました。後日ピクニックデートをした際に、間近で顔を見たら瞼に糸を止めたようなボコッとした跡を発見。笑っても不自然なほど鼻の形が変わらないなど、整形していることはよく見れば一目瞭然でした。でも、優しいだけが取り柄のデブな彼氏はもうイヤ」(28歳/設計士)


●その2:主夫VSハゲ社長

「同居を始めた彼氏が派遣切りに遭い、無職に。しかし、就活もせず、毎日楽しそうに手の込んだ料理を作り、掃除や洗濯をしています。見かねた友達が男性を紹介してくれたのですが、なんと会社の社長! しかし年齢が一回りも上のため髪の毛が寂しいことに……。断ろうと思ったのですが、既婚の友人から『愛だけじゃ生活していけないよ』とのリアルな言葉に、気持ちが揺れています」(34歳/保険)


●その3:テクニシャンオタクVS早漏イケメン

「アニメオタクの彼ですが、マジメで勉強熱心なためか、いままで経験した男性の中で一番エッチが上手なんです。そのため部屋中アニメのポスターやフィギュアだらけでも許していました。先日、人数合わせで参加した合コンで知り合ったイケメンと流れでベッドイン。しかし、挿入後5秒足らずで発射するという残念な結果に」(26歳/デザイナー)


●その4:長男VS次男

「もう年も年なのでヤバいと思い、結婚相談所に登録。そこで紹介されたのは『土地も家もあるが、同居して畑仕事を手伝うことが条件の長男』と『職を転々としている派遣社員だが、親の面倒を見なくて良い次男』でした。両方の男性と直接会ってみましたが、どちらも悪い人ではなさそうで……。条件からスタートする結婚相談所の恐ろしさを、改めて思い知りました」(37歳/出版社勤務)


●その5:地味な男VS人気者

「同級生だった彼は、人見知りが激しく友だちはいないのですが、学生のころから私一筋なので、浮気の心配など無縁。しかし、最近、同じサークルのムードメーカー的キャラの男性が気になって仕方がないんです。その彼は女子からも人気があるので、もし付き合うことになったとしても浮気が心配。でも、誰からも羨ましがられない彼氏より、誰からも好かれている人を彼氏にしたほうが楽しそうじゃないですか?」(28歳/保育士)


■自分で悩みぬいて決断を!

どのエピソードもなかなかの究極具合で、どっちの男性にするか迷ってしまいますね。


このように人生は選択の連続ですが、「親が勧めたから」「占ってもらったら」などと他力本願で決めてしまい、後悔しないよう気をつけたいものです。


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ