恋愛

愛という執着…重い女にならないために!嫉妬で恋を盛り上げよう

g-072701


愛とは特定の相手に対する強烈な執着である。


執着とはときに狂気さえもはらんでいて、普段は穏やかで理性的な人間でも、ともすると空恐ろしいほどの執着を発揮するものである。


そのなれの果てがストーカー行為である。



■恋に落ちた瞬間から人は嫉妬の罠にハマる


執着と嫉妬は背中合わせの存在であって、たとえ健康的な執着であっても、いったん人を本気で愛すると人は嫉妬の呪縛から逃れることはできない。


つまり、恋に落ちた瞬間から人は嫉妬の罠にはまるのである。


裏返せば嫉妬を伴わない恋愛は本物の恋ではないのであって、カレが誰かほかの女性のことを何気なく褒めただけでも、心の中で嫉妬の炎に火が点火されるのである。


そんなわけだか、よしんばカレに浮気の痕跡が現れたときは嫉妬の炎はメラメラと燃えさかり、この地球を燃え尽くしてしまうのではないかと思うほど、激しく勢いづくのである。


そう、まずはこの原理原則を知っておくことが大切なのである。


そうすれば、それをコントロールする術もおのずとみつかるかもしれない。


ところで、嫉妬とは恐ろしいもので、時々とんでもない妄想を引き起こす。


そして悪いことに、自分の中に目覚めた妄想がさらに嫉妬の火を勢いづかせるのである。


例えば、カレからの電話が1日途切れたとしよう。


一日も欠かすことなくかかってきたおやすみのラブコールがない夜は、誰だってとてつもない不安に陥るものである。


何度電話してもメールをしても返信がない。


これはおかしい。


きっと、だれか他のオンナと過ごしているに違いない……。


もしかしたら、ベッドしている最中かもしれない……。


そう想像しただけで、たまらなく不安になる。


そして仮想の敵を作り、その仮想の敵であるオンナにとてつもなく嫉妬するのである。


そう考えただけで、心の中に黒々とした雲がモクモクと立ち込め、表情が曇り、自分の中から優しさと柔らかさと美しさが消えていく。


何度も何度もしつこいほど電話やメールを送り続ける。


或いは、一日あけてカレから電話があったとしよう。


妄想にかられたあなたの第一声は自ずとものすごい剣幕での、「浮気していたのね!」という一言になってしまうのである。


「いやあ、よっぱらっちゃってケータイ落としちゃってさあ……、ホントひどい目にあっちゃった。ずっと君の声が聞きたかったんだよ」


この一言をまずあなたに伝えたかったカレは、あなたのものすごい剣幕に驚いて、思わず売り言葉に買い言葉。


「なんだって! 俺がどんなに苦労してたか、わかんないのかよ!」


思いがけない衝突を引き起こし、いつしか恋愛は不幸な方向に向かっていく。


たとえカレが嘘をついたとしても、男の人は可愛く騙されてくれる女性を選ぶもので、常にカリカリ嫉妬の炎を燃やすオンナだけは勘弁というのがオトコの本音なのである。



■賢い女は嫉妬すらも恋のスパイスに変換


こんなふうに、嫉妬の余り自分で自分の首を絞めるという愚だけはおかしてはならない。


賢明な女はどこか自分の誇りと余裕というものを忘れず、間違っても妄想の嫉妬にはかられてはいけないということを知っているし、また嫉妬を恋のスパイスにするすべさえも身につけているのである。



関連コラム

彼氏ナシの独身女性が急増中!? その理由が明らかに

夏枯れ肌対策!ヒアルロン酸2倍の保湿力で本気のエイジングケア

恋愛に作戦は不要!駆け引きのできる恋愛は偽物の恋である理由

若さへの執着はもう捨てて! アラサーからの美しい年の重ね方


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ