恋愛

厄介払いか!? 「距離を置こう」に隠された男たちの本音10


恋愛末期で使われがちな「距離を置こう」というセリフ。


誰がどう見ても、別れの一歩手前なのですが、言われた側は藁にもすがる思い。


「まだ別れたわけじゃない、望みはある」「距離をおくって、どれくらい……?」と、本気で悩んでしまう罪作りなセリフです。


希望にすがる友人に対して、「ダメだと思うよ」とはなかなか言えなかったことが、著者にもありました。


今回は「距離を置こう」というフレーズを使ったことがある男たちに、その真意をリサーチしてみました。



■「距離を置こう」の本音


●その1:彼女にしたら面倒くさかった


「付き合ってみたら結構面倒クサイ女だな、とは言えず、フェードアウトしたいときに使いました」(26歳/建築)



●その2:自由が欲しくなった


「とりあえず付き合ってはみたものの、やっぱりひとりのほうが気楽だなと感じたとき。相手が悪いわけではないし、わがままなのはわかってますから、やんわりと」(28歳/営業)



●その3:重い女を引き離したい


「昼夜問わず電話攻撃、会いたい攻撃に参ったときに使いました。こっちの気持ちは完全に離れているけど、相手は激重。『別れよう』なんて言おうものなら何をされるか……」(31歳/映像)



●その4:気持ちを確かめたい


「いずれ結婚するだろうという流れに疑問を感じたときに。半年ほど離れてみて、なくてはならない人だとわかったときには、もう彼女には別の男性がいました。距離を置いたら、ダメになるという教訓になりましたね」(27歳/飲食)



●その5:他に好きな子ができた


「他に好きな子ができた、なんてなかなか言い出せません。そんなとき、『距離を置こう作戦』を実行してる男は結構いると思う」(30歳/製造)



●その6:親に反対された


「彼女の両親に交際を猛反対され、気持ちが萎えてしまった。彼女には『ふたりで乗り越えよう』とかっこつけた手前、『手を引きたい』とは言えなかった」(37歳/IT)



●その7:二股を避けたい


「取引先にいいなと思う子ができて、だんだん親しくなって『これはイケる』と確信できたとき、二股になる前に彼女に切り出しました」(29歳/製造)



●その8:白黒つけられないパターン


「長期の地方転勤になったとき、彼女に『ついて来て』という踏ん切りがつかなかった。別れたいわけでもなく、『距離を置こう』と苦し紛れに言いました。煮え切らなさに見切りをつけた彼女は、すぐにお見合いをして結婚してしまいましたが」(33歳/金融)



■言い出せない本音の隠語


やはり「距離を置こう」というフレーズを、言い出しにくい「別れよう」という本音の隠語として使うという認識が一般的なようです。


本音を言って欲しい女と、本音を言えない男。


その溝を埋めるのはどうしても難しいことです。


ここは、事実を見極められる女になったほうが手っ取り早い!


「距離を置こう」の真意は「別れよう」。


みなさん、覚えておいてくださいね!



関連コラム

体質が変われば世界が変わる!?-20kg達成者の秘密

見た目が悪くても…キレイな女性より男にモテる秘訣とは?

ぷに子推しに反論!ぽっちゃり女子は本当にモテるのか調べてみた

「男っていうのはね…」勘違い持論炸裂!痛い独女エピソード5選


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ