恋愛

そこまでやる!?ロマンチストすぎて女子がドン引きした男性5選

ロマンチスト

男性はロマンチストな生き物とはよく言われますが、英デイリー・メール紙がこれを裏付けるデータを発表しています。


世界各国で1万人が回答した「21世紀の恋愛と婚姻関係」調査によると、男性が一目ぼれする割合は48%、一方で女性は28%と男性を大きく下回っているのだとか。


男性は女性よりもロマンチストであることが改めて証明されています。

こちらがついていけないくらいロマンチストな男性に、引いてしまったエピソードを集めてみました。


■そこまでやる!?ロマンチストすぎる男の行動5選

適度にロマンチックな行動は女子をキュンとさせますが、やりすぎはドン引かせるだけ。

ロマンチストすぎて女子が引いてしまった男性のエピソードを集めました!


●その1:都会の高層ホテルを予約

「イイ感じになった男性とお泊りすることになって、連れて行かれたのは海沿いにある夜景の見える高層ホテル。まだ付き合ってもいないのに、ここまでロマンチックなことをする必要ってありますか……? 正直やり過ぎだなと引いちゃいました」(32歳/IT)


●その2:バラ風呂を自作

「お互いに実家暮らしの彼と私。誕生日にラブホに泊まったのですが、私が部屋でくつろいでいる間に、湯船がバラの花で埋まっていました。ちなみにプレゼントは3千円のキッチンアイテム。バラを買うくらいなら、もっと豪華なプレゼントにしてほしい!」(29歳/派遣)


●その3:年齢数のバラをプレゼント

「よく食事に誘ってくれる男性から、年齢の数だけバラをプレゼントされました。昨年30歳のときなので、30本ですよ! バラが30本も集まれば、結構重たいんです。渡す方はロマンチックな気分かも知れませんが、持って帰る方の身にもなってほしい」(31歳/メーカー)


●その4:プロポーズ用のひとり動画を撮影

「現在の夫なのですが、私へのプロポーズのために、都内を巡ってひとりで動画を撮影していました。屋外で東京タワーをバックに撮っているシーンもあって、見ていて気恥ずかしくなってしまいました(笑)」(33歳/コンサル)


●その5:メールで送られてくるポエム

「昔関わっていた男性がポエマーでした。詩のようなメールを度々送ってくるので、毎回返信に悩まされていた記憶が……。極端にロマンチストな男性って、結局はナルシストなんじゃないですか? 面倒なので付き合いたくないです」(27歳/公務員)


■ロマンチストもほどほどに!

適度にロマンチックで粋なはからいは嬉しいものですが、やりすぎは禁物。


ロマンチストさの微妙な“さじ加減”をしていただきたいものです。


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ