恋愛

他人には絶対見せられない!?ひとりっこカップル独特のワールド

 

4月21日放送の「ボクらの時代」(フジテレビ系)に出演した元日本テレビキャスターの丸岡いずみ(41)と芸能プロダクション社長、太田光代(48)の間に意外な共通点があることが明らかに。

 

それは、それぞれが一人っ子同士の結婚だということ。

 

「一人っ子同士には、人にはとても見せられない独特のワールドがある」と語った新婚の丸岡のオノロケに、太田社長も深く頷く場面が印象的でした。

 

「見せられない」と言われると、見たくなるのが人の性。

 

早速、周辺の一人っ子×一人っ子カップルに調査をしました。

 

■一人っ子カップル独特のワールド

 

「人にはとても見せられない」と口を揃えて言う一人っ子カップル独特のワールドを調査してみました。

 

●その1:いくつもの人格が現れる

 

甘えたい気分のときは甘えん坊キャラ、はしゃぐときには子どものような一面を見せたり、犬になったり猫になったりも自由自在。

 

幼いときから1人で遊んできた一人っ子のなかには、様々な人格が潜んでいる。

 

●その2:マザコン上等

 

お互い一人っ子なので親を大切にするのは当然。

結婚は「お互いの家族にそれぞれが加わる」という解釈の仕方。

 

●その3:やりたいことがハッキリしている

 

一人っ子カップルの間では、「何が食べたい?」「う~ん、なんでもいいよ」という会話が存在しない。

幼いころから自分の意見が重視されてきたため、食べたいものや、行きたいところ、やりたいことがハッキリしている。

 

●その4:基本、泣き虫

 

ちょっとしたケンカでも、感情が昂ぶると泣いてしまう確率が高い。

感動的なドラマや映画を観ると、気づいたら2人とも号泣していたりする。

 

●その5:わがままは「あるがまま」

 

わがままをわがままとは捉えず「あるがまま」として受け止めることができる一人っ子カップル。

自分が欠点を突かれたくないのもあるが、お互いを尊重する姿勢はカップルの鏡。

 

●その6:マイペースを察しあう

 

気分が乗らないときは一緒にいたくないし、1人でいたいときだってある。

そんなときは口に出さなくても空気で察しあうことができる。

 

●その7:マイワールドを尊重しあう

 

趣味の領域やこだわりには、お互い干渉しない。

好きなことを聞かれたら、語るのは好きだけど、まとまりがないので要点がよくわからない。

 

●その8:張りあわない

 

相手を支配する気も、される気もない一人っ子カップル。

よって張りあう気がないので、あまりケンカには発展しない。

 

●その9:家族の悪口はNG

 

おっとりとしている一人っ子だが、家族や親の悪口を言われると、反射的に激怒する。

 

●その10:面倒なことも許しあう

 

基本的に、面倒をみてもらう側の一人っ子。

家事などは、お互い「面倒なこと」という共通認識があるので、多少サボっても許してくれる。

とくに、他人の世話をするのは苦手。

 

■2人でいても自分が一番!な一人っ子

 

「自分は自分、相手は相手。でも絶対的に大切な人」というニュアンスを理解しあえる。

これこそが一人っ子カップルの絆です。

ひとりっこカップルの奥深さと、頑固な秘密主義に脱帽する著者でした。

 

マイペースな一人っ子同士って、意外と上手くいくもんですね。

一人っ子カップルのみなさん、末永くお幸せに!

 

関連コラム

突然の別れ宣告!? 失恋のどん底から復縁を成功させる方法とは

失望が止まらない!同棲後にイラッとした恋人の習慣6選

男性が震撼!彼の浮気を防止するために女子がしていること5つ

不美人でもモテる謎解明!?第一印象アップの秘訣「××ケア」

 

Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ