恋愛

絶対ムリです!アラサー女子がドン引きした告白の言葉8選

ドン引きの告白

お付き合いを始める前に、最も大事なことは告白の言葉。

とくに、女性は男性以上に言葉を重視するものですよね。


回りくどい告白や、的外れなセリフは「はぁ?」と気分を害するだけ。

この言葉のチョイスを失敗して、アラサー女子をドン引きさせてしまった男性の告白の言葉をリサーチしてみました。


絶対ムリ!アラサー女子がドン引きした告白

告白のタイミング、言い方、セリフ、全部間違ってる!

アラサー女子が男性から告白されてドン引きした告白の言葉をご紹介します。


●その1:「君の全てを僕の中に閉じ込めてしまいたい」

「職場の先輩と飲みに行った帰りに言われたセリフなのですが、何様?と思いました。立場上、気を使ってるだけで1mmも興味ないので」(35歳/マスコミ)


●その2:「君の死に水を取らせてください」

「対して仲良くもない男性に言われました。単純に怖かった」(28歳/医療)


●その3:「愛してるよ」

「婚活パーティーで知り合った男性と3回目のデートのとき、耳元で『愛してるよ……』と囁かれた。全身に鳥肌が立つほど気持ち悪かったです」(34歳/小売)


●その4:「俺を愛していると言ってみろ」

「コミケで知り合って仲良くなった男性に『××(私)、俺を愛していると言ってみろ』と言われ『は?』と返したら『ほぉ、それほど言いたくないのか』と……。後で聞くと、『北斗の拳』のセリフだったらしいのですが、読んだことがないので全く意味がわかりませんでした」(24歳/情報)


●その5:「I LOVE YOU(ラインのスタンプ)」

「ちょっといいなと思っていた男性だったんですが、LINEの『I LOVE YOU』というウサギのスタンプで告白してきたときは一気に冷めました」(30歳/飲食)


●その6:「アダムとイブが……」

「合コンで出会った男性と2人で遊んだときに『俺、ツイッターやってるからフォローしてよ!』と言われ、しぶしぶフォロー。家に帰って、これまでの彼のツイートを見たら『僕がアダムなら××ちゃん(私)はイブ』『このリンゴをかじるのは禁忌なのか』など、ポエムが延々とつづられていた……」(24歳/公務員)


●その7:「後は君の解釈に任せるよ」

「会社の上司にバレンタインデーチョコをあげたら、お礼にと食事に誘われたんです。食事に行ったら、告白を仄めかすようなことを言われたのですが、『ま、後は君の解釈に任せるよ』と逃げ口上を言われたのでお断りしました」(33歳/IT)


●その8:「Melty Love」

「地元の仲良しグループでカラオケに行ったとき、1人の男子がSHAZNAの『Melty Love』を熱唱していた。歌っている最中、チラチラ私を見てくるので『なんだろう?』と思っていたら、歌い終わった後に『これが俺の気持ちだ、××(私)付き合ってくれ』とみんなの前で告白された。曲のチョイスおかしくないですか?」(27歳/企画)


自分本位のセリフは本当の「好き」じゃない

みなさんのエピソードの中で目立ったのは、男性の自分本位な告白。


好きなひとのことを理解したうえでの告白をしてくれることが、何より相手があなたを想っていることの証拠なのかもしれませんね。


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ