恋愛

癒し上手で恋愛上手!末っ子女子10のモテ要素

モテる末っ子

「末っ子は要領がよくて、オイシイところ取り」などとイヤミをいわれても、どこ吹く風の末っ子女子=末女(スエジョ)。

そんな末女のたくましさに隠された、モテ要素を分析しました。


末女10のモテ要素

男性が気づけば惹きつけられてしまうモテ要素を、生まれながらにして持っている末女の魅力に迫ります!


●モテ要素1:口うるさくない

のびのびと育てられた末女。

そのためヒトに口うるさくする、という発想はありません。

男たちは末女と過ごす時間に癒されます。


●モテ要素2:自然体

スキなことはスキ! イヤなことはイヤ!…と、自然にいえる末女。

「わかりづらい女臭さ」がないため、一緒にいても疲れません。


●モテ要素3:ガツガツ感がない

家族みんなにかわいがられ慣れてきた末女。

そのためガツガツした自己主張や仕切りたがりなところがありません。

つまり「いかにも尻に敷かれそう」な警戒心を男に抱かせないのです。


●モテ要素4:芯が強い

ガツガツ感を見せないだけで、芯は強い。

おっとりしてみえる陰で、人一倍努力を重ねる末女の健気さに男たちはキュンキュンします。


●モテ要素5:距離感が絶妙

末女として生まれ育った経験で、空気を読む力が培われている。

相手が「ちょうどいい」と感じる距離感のうまさは天性です。


●モテ要素6:尽くし上手

末女は愛情表現のエキスパート。

自己満足におわらない、相手にとっての「尽くしポイント」が本能でわかるのです。


●モテ要素7:安定感がある

浮き沈みはもちろんあるけれど、コントロールができる末女。

「今はひとりになって気持ちを落ち着けよう」など、大人の対応が身についています。


●モテ要素8:自分ワールドがある

男に尽くすだけでなく、我が道を歩むことも忘れていない。

コツコツと築かれていく末女ワールドに、男たちは惹きつけられます。


●モテ要素9:柔軟性がある

ケンカした件に関して「次はこうしてみない?」と柔軟性がある提案ができる末女。

相手を全否定することなく、自分も相手も「らしく生きられる方法」を見つける粘り強さを持っています。


●モテ要素10:癒し上手

気づけばそばにいて、自分には何ができるか?を観察している末女。

押しつけがましさも恩着せがましさもなく、相手の求める癒しのカタチを察知できます。


見習いたい「末女バランス」

バランス感覚に優れた末女は、異性のみならず同性にも絶大な人気があります。


彼女らが「一緒にいてほっとする」と相手に感じさせるのは、自分のことだけでなく相手のことも注意深く見つめる末女特有の観察眼を持っているからです。


「末女バランス」を見習って、相手にとって「居心地のよいヒトでいる素質」を持ったヒトでありたいものです。


女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ