恋愛

彼から「結婚しよう」を引き出す魔法の言葉5選

プロポーズを受ける女性

言葉選びというものは難しい。

たとえ彼と結婚したいと思っても、単に「結婚しよう!」と伝えるのは逆効果。

一方的に迫っている感が怖く、そもそも追われることが苦手な男性は一気に引いてしまいます。

ではどうすればいいのでしょうか?


答えは簡単。


同じような意味の言葉でも、彼の側から「結婚しよう」と誘ってくるような言葉を投げかければいいのです。


「結婚しよう」を引き出す魔法の言葉5選

彼氏から「結婚しよう」という言葉を引き出した言葉とはいったいどんなものなのでしょうか?

賢い女子が使った魔法の言葉を調査しました。


●その1:過去の恋人と対比する

「彼とお互いの結婚論みたいな話をしていたんです。そのときに『これまで付き合ってきた恋人には、結婚したいと思う相手なんていなかった』と感じていたことを素直に話したんです。すると彼は相当感動したらしく、付き合って2年目の記念日にプロポーズされました」(27歳/金融)


●その2:結婚後に得られるものを例に挙げる

「私と結婚することで得られるメリットを提示すれば、イケるかもと思ったんですよね。彼が健康診断で悪い結果をもらってきたので、その話をしつつ『私と一緒にいたら、健康な生活ができるよ!』とアピールしました。いかに野菜を用いた料理を作るか、そのほか健康的な暮らしができるか、についてプレゼン。『来年結婚しようか』という言葉を引き出しました」(29歳/IT)


●その3:彼の好きなことを認める

「ストレートに『結婚して』と言うと失敗すると分かっていたので、使う言葉は吟味しましたね。よく考えた結果『これからもあなたは好きなことをしてていいから、ふたりで頑張っていきたいな』と伝えました。どれだけ器の大きい女なんだ、と自分でも感じるようなセリフですが、見事に釣り上げることができました。先月婚姻届を提出してきましたよ」(31歳/メーカー)


●その4:あなたとだから楽しいと伝える

「一緒にというフレーズは有効かなと考えていたので、『××クンとなら一緒に人生を楽しめると思う』と言ってみました。これなら重たくないですし、比較的ライトな感じですよね? その後、見事にプロポーズされました!」(33歳/サービス業)


●その5:自分の価値を伝える

「転勤を言い渡された彼とは中距離恋愛になりそうだったので、『××クンは私じゃないと無理よ』と伝えて、結婚をほのめかしました。するとタイミングもいいし……ということで彼の転勤のタイミングで入籍することが決まりました」(32歳/派遣)


口にする前に一度言葉を吟味して

彼の頭の中を想像して言葉を発すれば、ひとりよがりな「結婚して!」「どうしてなかなか結婚してくれないの?」などと言ってしまうことはないはず。


口にする前に一瞬踏みとどまって考えてみることが大事です。


女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ