恋愛

「エンゲージリングは給料の3ヶ月分」ってホント?!エンゲージリングの価格調査

 

エンゲージリング…

 

プロポーズの時に小さな箱を差し出される例のアレですね。

 

雰囲気の良いレストランでデザートワゴンに入って出てきて…といった海外ドラマ風味のサプライズ演出まで期待してしまう、筆者の様な乙女チックな女性も多いのではないでしょうか。

 

なんと!そんな乙女の憧れを打ち砕く情報が…。

 

少女時代から、私たちはことわざの如く『エンゲージリングは給料3ヶ月分』と刷り込まれてきましたよね。

この『エンゲージリングは給料3ヶ月分』説、実際の価格は違うみたいなんです!

 

確かに、結婚する友人に指輪を見せられても「それいくらだった?」なんて聞きにくいですし、まして調べたりなんかしませんよね。

 

気になるエンゲージリングのリアルな相場!というわけで今回は、このベールに包まれたエンゲージリングについて先輩花嫁にリサーチしてみました。

 

 

「エンゲージリングは給料の3ヶ月分」はウソ!?リアルなエンゲージリングの相場は?

『ゼクシィ結婚トレンド調査2012』によると、エンゲージリングの相場は33.3万円

 

価格帯でいうと、30万円~40万円が一番多く、次に20万円台、10万円台と続く。

 

「給料の3ヶ月分」

「エンゲージリングといえば、有名人御用達、あの海外ブランド!」

「ダイヤは3カラット以上なきゃ!」

 

などといった、エンゲージリングに抱く女子たちの理想は、物の見事に打ち砕かれてしまいました。

 

しかしそれだけではありません…

エンゲージリングすら買わないカップルもいるんだそうです。

 

 

衝撃!「エンゲージリング必要?」にYESは男性56%、女性79%。

『マクロミル結婚に関するアンケート』の調査では、「ズバリ!婚約指輪はあげるべき?もしくはもらうべき?」と聞いたところ、「あげるべき!」と答えた男性は56%、「もらうべき」と答えた女性は79%という結果に。

 

男女の間で約20%もの差が・・・。

 

これは「プロポーズの時にエンゲージリングは貰える物!」と理想を描いて夢見心地に考えているのは少々危険な状況かもしれません。

 

しかし、一方でエンゲージリングを必要と思っている男性は…

 

●「一つの区切り、けじめとして重要だと思う」(27歳・男性)

 

●「結婚を約束したことを物で残したい。女房は『指輪を見ると結婚を誓った気持ちを何度も思い出せる』と喜んでくれている」(29歳・男性)

 

というような意見を持っているのも事実。

 

ここは一度、彼と真剣にエンゲージリングについて話してみるべき!ではないだろうか。

 

 

 

 

婚約指輪を貰っておいた方がいい理由

 

「もったいないから…」と断る女性も多いという婚約指輪。

 

確かに、結婚となると、挙式だけでなく引っ越しなど、どんな所にもお金がかかりますよね。

 

ジュエリーと生活とを天秤にかければ、実生活にそのお金を回したいと思う事でしょう。

 

でも、婚約指輪は普通のプレゼントとは全く違います。

 

男性の思いが、ストレートに形になっていて、不変の愛を誓う覚悟を持ってあなたに贈るもの。

 

また、当人たちだけでなく、他人にまでその意思がはっきり伝わるものですよね。

 

また、その輝きはいつまでも変わらずに残り続ける【一生に一度の贈り物】なのです。

 

 

 

贈られた女性は、その指輪を見る度に、愛情を感じるでしょうし、贈った男性は、指輪を着ける幸せそうな顔を見る度、喜ばしい気持ちがするもの。

 

そんな一生モノのジュエリーを持つ事は、女性として嬉しい事ではないでしょうか。

 

 

 

また、先輩花嫁からはこんな意見が…

 

●「出費がかさむので、エンゲージリングはいらない、と言っていました。でもサプライズでもらったら、お金のない彼が私のために少し無理をしてくれたことを思うと、私も彼の為にいろいろとしてあげたいと心から思いました。」

 

●「ダイヤモンドを初めてもらい、あまりの美しさに、“こんな輝きにふさわしい女性になりたい!”と、とても前向きになりました。」

 

 

また、贈った男性側からは・・・

 

●渡した時の彼女の喜んだ顔が忘れられない。幸せにしてあげなきゃと思った。

 

●実際にはめてもらい、覚悟ができた

 

 

やはり、一生に一度の大きな決意をするに当たって、大きな意味を持っているようです。

 

指輪を見て、結婚当初の気持ちが蘇る、そんな意見も多く聞かれた婚約指輪、やはり貰っておいた方がいいのではないでしょうか。

 

もちろん一生思い出に残る瞬間ですから、当たり前なんて態度は絶対NG!

まっすぐに彼の気持ちを受け取って、嬉しい気持ちを思う存分伝えてくださいね。

 

 

 

どう受け取る?どう選ぶ?

 

『ゼクシィ結婚トレンド調査2012』の調査によると、「プロポーズの後にふたりで婚約指輪を選んだ」というカップルが51.3%で過半数を占めています。

 

男性側の意見として、

 

●サイズに不安があった

●彼女にコレが欲しいとおねだりされていた

 

というコメントも寄せられており、女性側も、好きな指輪を一緒に選びたいのか、感動的なサプライズが理想なのか、それとなくアピールしておいた方がいいかもしれませんね。

 

ちなみに、女性側でも、相場や選び方、デザインなど、エンゲージリングに関する知識はしっかりつけておいたほうがよさそうです。

 

例えばデザインや素材、基本のデザインにもそれぞれ特徴があります。

また指の形によっても似合う似合わないがあるんだそうです!

 

何を基準に選べば後悔しなくて済む?みんなどんな風に運命の1本に出会ったの?等

疑問や不安が満載!一生に一度のモノだから後悔したくないですものね。

 

迷いすぎ無い様に予めチェックしておきましょう!

 

 

 

 

 

まずは基本デザインから!!

 

■ソリティア

ダイヤ(宝石)を1粒だけセットした指輪のこと。

石の存在感が際立つ、婚約指輪らしいデザインとして根強い人気がある。アームのデザインも豊富で、爪の有無でも印象が変わる。

 

 

 

■メレ

センターストーンの脇に、0.03カラット以下の小さいメレダイヤを添えたデザイン。メレダイヤの数や形で指輪のイメージが変化。メインの石(ダイヤ)が引き立てられ、華やかさも満点。

 

■パヴェ

フランス語で「敷石」を意味する通り、アーム(枠)にメレダイヤを敷き詰めた、ゴージャスなデザイン。中央に大きなダイヤを使わずメレダイヤだけを隙間なく並べたタイプも人気。

 

 

 

■エタニティ

同じサイズとカットのダイヤをぐるり並べたデザイン。指を一周するデザインをフルエタニティ、半周並べたものをハーフエタニティと呼び、「永遠」を意味する指輪として人気が高い。

 

 

 

その他、【自分の指タイプに合うリングの形】など、指輪選びの為の基礎知識はこちら↓からチェックして見て下さいね。

 

 

オーダーには数か月かかったりするものもあるので、早めの下調べが必要です!

 

サイズも、夕方むくむ時間になるときつい…、といった失敗談もあるので、カタログだけではなく、一度ショップに足を運んで、実際につけてチェックして下さいね。

ちなみに、サプライズで貰った場合でも、基本的にサイズのお直しが可能なのご安心を!

 

ショップに足を運ぶ際は、土日だと混んでいてじっくり選べない事が多いので、平日がオススメ。

同じ地区のショップをいくつかピックアップしておくと、納得の1本が見つけ安くなりますよ。

 

 

事前に知識を付けて、お気に入りの1本を見つけて下さいね!

 

今回、取材にご協力頂いたゼクシィnetでは、先輩花嫁のエンゲージリング選びの体験談など役立つ情報ばかり!サイトをチェックしてみては?

 

 

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ