恋愛

彼がマリッジブルーに!婚約破棄にならないための心得3つ


やっと彼との結婚が決まり、いよいよ純白の花嫁に! と心躍らせていたのもつかの間。


彼がマリッジブルーになってしまって婚約破棄の危機なの、と友人のアラサー女子から相談を受けました。


マリッジブルーというと、結婚前に準備で忙しいときに女子が陥りやすい症状だという印象があるかもしれませんが、実は男子だってマリッジブルーになるものなんです。


◆男性のマリッジブルーの原因とは?


結婚とは、”この人と一生過ごす”と決意する儀式です。 結婚直前には、誰でも「本当にこの人でいいのか?」と不安になったり、相手に対する不満などがでてくるもの。


このように、結婚に対して後ろ向きな気持ちになってしまうことをマリッジブルーというのですが、本来はプロポーズを受ける側の女子がなるという認識の人が多いと思います。


男性の場合はプロポーズをするまでの間に、結婚しようかどうしようかと悩みに悩んでから決断するので、マリッジブルーになりにくいことは事実。


しかし、できちゃった結婚や女性の勢いに負けて結婚を押し切られるなどの要因がある場合には、男性もマリッジブルーに陥ってしまうのです。


■彼がマリッジブルーに! どうしたらいい?


筆者の友人のように、結婚を目前に控えた男性がマリッジブルーになってしまったときにはどうしたら良いのでしょうか?


マリッジブルーが悪化して、あわや婚約破棄なんてこともあるようですから、ここはなんとか乗り越えなくてはいけません。


男性のマリッジブルーを悪化させないための心得をお教えします。


●その1:まずは話し合う


話し合って、彼が不安に思っていること、悩んでいることをじっと聞いてあげること。


男性は「自分だけで将来養っていけるのか」「結婚・子育てで自分の時間がなくなるのではないか」などと思うようですが、必ずしもそうでないことを伝えてあげましょう。


当然、独身時代より、自分の時間は減りますが、全くなくなってしまうわけではありませんし、家族が増えれば、そのぶん楽しい時間も増えるのですから。


●その2:彼を褒め、絶対に責めない


彼が不安になっているのは、自分が一家の主になるという責任感からくるプレッシャーも少なからずあるようです。


彼一人に責任を押し付けることのないよう、「一緒に協力しながら」という言葉で彼の負担を軽減し、事がスムーズに運ばなかったとしても責めないであげてください。自信を失わせてしまってはあとが大変です。


現在では、共働きで生活している夫婦や家庭も少なくありません。


家事や育児に、大きな負担がかかることがないということを説明してあげ、むしろ私と一緒に生活すれば、日々楽しく幸せに過ごせる。心配いらないよ、ということを伝えてあげるとよいでしょう。


●その3:とにかく笑顔で


彼が弱気になっていたり、イライラしているときに重要なのは、あなたの接する態度です。一緒に不機嫌になってしまっては逆効果!

不安に思っているときこそ、笑顔で「大丈夫だよ」と答えてあげればうまくいくことでしょう。


2人で乗り越える最初の苦難、マリッジブルー


結婚が決まり、お互いに幸せななかにも、少なからず不安な気持ちがあるもの。


マリッジブルーを乗り越えることも、長い人生の苦楽を共にしていくためのステップと考え、二人で乗り越えていくことも結婚するうえで大切なできごとなのかもしれませんね。


■関連コラム


男が決して明かさない本音!今カノと結婚に踏み切れない理由7選

告白するなら手作りチョコよりも「美肌」が重要

そのままズルズルなんて絶対ダメ!同棲から結婚へ結び付けるコツ

そんな手があったの?別れた彼氏とヨリを戻す究極の方法


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ