恋愛

本命か知りたくなったらブランチデートに誘うべき7つの理由


仕事帰りにデートして、そのまま流れでお泊り……がいつものコースというあなた。


「明日の夜空いてる?」と突然誘われるワクワク感が日々のスパイスになる気持ちもわかります。


でも、いったいそれってどういう関係なのでしょうか?もしかしたら、都合のいい女扱いかも……?


そんなときは彼を『ブランチデート』に誘ってみてはいかがでしょうか。


■ブランチデートの本命率が高いワケ


「ブランチ」とは朝食兼ランチのこと。ブランチデートの本命率が高いワケを分析してみました。


●その1:シラフでも楽しいと感じる


飲みが前提の会社帰りデートとは違い、シラフで顔を突き合わせることを想像しても成り立つ相手としかブランチデートはできません。


シラフでも楽しいか?エッチ抜きでも会いたい相手か?


ブランチデートに応じる男は、あなたをさまざまなふるいにかけたうえでOKを出しているのです。


●その2:昼間に会いたいと思う


他に本命がいたり、あなたといるのを目撃されたくない何らかの理由がある場合、わざわざ危険が高まる昼間に会うのは避けたいはず。


つまりブランチデートに応じるのは、「誰に見られても構わない」というある程度の覚悟がある証拠なのです。


●その3:時間を惜しまない


会社帰りなら終電など時間で区切りやすいデート。


しかし休日のブランチデートとなれば、帰るタイミングもなかなかつかみにくいですよね。


もし1日コースになったとしても「1日無駄になった」と思わない相手でなければ、ブランチデートには応じたくないものなのです。


●その4:休日を独占したいと思う


「休日、どうしてた?」と聞く場合、ほぼ本命なのが男心。


ブランチデートが成立する条件として、自分にとって相手が休日を費やすに値する存在なのはもちろんのこと、イコール「休日を独占したい」と思うくらいの相手なのが理想です。


●その5:お金を惜しまない


ブランチからの映画やレジャー、ショッピング。


夕方まで一緒にいたら、またご飯……全てファーストフードで済ませるセコイ男やヒモ男でもない限り、長時間一緒にいればお金がかかるもの。


ブランチデートは時間もお金も惜しまない相手としかできないといえます。


●その6:スケジュールを合わせる熱意がある


ブランチデートは休日にする場合がほとんどのため、前もってスケジュールを合わせないと成り立ちません。


稀に夜勤の設定だとしても、夜勤明けでブランチデートに応じるのはなおさら相手への熱意がないとできません。


会社帰りにタイミングが合えばなんとなく成立するデートとは、歴然とした重みの差があるのです。


●その7:「面倒」よりも「会いたい」が勝る


会社帰りに集合するデートとは違い、休日にわざわざ身だしなみを整えて家を出るのは意外と労力を伴います。


「面倒クサイ」よりも「会いたい」が勝る相手でないと、ブランチデートをする気にはなりません。


■ブランチデートは本命を見極めるリトマス紙


終電のない時間や会社帰りにばかりデートを設定しようとする男には、早い段階でブランチデートを仕掛けてみるのも得策です。


「休日に会わない?」と誘って退くような男なら、どのみち未来はありません。


また「自分にとってもブランチデートしたい相手か否か」という基準を持つことで、不毛なデートを避けることができます。


ブランチデートはまさに「本命を見極めるリトマス紙」といっても過言ではないのです。


■関連コラム


告白するなら手作りチョコよりも「美肌」が重要

これって社交辞令?男のホンネを暴く!メール翻訳

大人だからこそ!意中の男子にちゃんと言葉で告白させる方法7選

大好きだった彼。彼女が復縁した方法とは?

連絡も取れない元彼と奇跡の復縁を果たした方法とは?


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ