恋愛

人の中に潜む隠れた性!?私が出会ったバイキュリアスという人類

 

先日、忘年会で出会った男子と仲良くなった。

彼はラジオDJで、とても可愛い顔をしている。

「みり姉って男っぽくて面白ぉい! きゃは☆ 仲良くしてくださぁ~い♪」

文面をご覧の通り、普通の男子ではない感じだ。

「あんたどっちなの?」

なんてことない感じで、さらっと質問をする。

「僕ぅ、話し方だけこんな感じなんですぅ」

一般的には、オネエ言葉で話す人はオカマと思われがちだが、世の中にはこれで食おうとする営業オカマが存在する。

じつは、ゲイの都である新宿2丁目にもこれが結構多い。

「じゃあ同性経験はなくて女子が好きなの?」

と聞くと、「うーん、よくわからないんですけど~男性経験はなくて~、女の子好きだけど友達になっちゃう」。

ここでもし「まだ経験はない」と「まだ」をつけた場合、もう遅かれ早かれとオネエ確定判断が出来るのだが、彼はまだそこまでは到達していない。

じつは、このように自分が何者なのかと、セクシャルに悩むひとは山ほどいる。

しかも、それは若者だけではなく、年配者にもけっこう多い。

私は歌舞伎町でミックスバーを5年経営したが、本当に毎日、こういった悩みを持つひとが飲みに来ていた。

そもそも、原始時代では人類はみんなパンセクシャルだったという説もある。

パンセクシャルとは、どのセクシャルも好きになったら好きという凄くシンプルな形だ。

自分の肉体がどちらであれ、相手の形がどれであれ、子孫を残せる形であるないに関わらず、好きになったら一緒になる。

それが最初の形だったのだ。

 

 

 

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ