恋愛

すれ違う男女の恋物語「謝れない女と気付けない男」


地方ロケの帰りに、ローカル線で知り合いに会った。
知り合いといっても、お会いするのは今回が2度目で、ほぼ知らないといってもいい方である。

ちなみに、このローカル線は、移動手段が他に無く乗り込んだ列車で、この再会は偶然以外のなにものでもなかった。
新幹線乗り換えの駅まで20分といったところで、彼は挨拶もそこそこに突然こう切り出してきた。

「唐突なんですが、悩みを相談してもいいですか?」

〝美里が歩けば相談に当たる〟といわれるほど、こうしたシチュエーションはじつに多い。
聞けば、彼は奥さんと喧嘩をして家出中。
結婚して以来一度も謝らない嫁に疲れ果て、夫婦生活に限界を感じて離婚も考えているとのことだった。

喧嘩の内容や経緯などを聞いていると、本人に会わずともそのひとの持つ性質やトラウマ、生い立ちや育った環境が見えてくる。

 

 

■歪んだオリジナルルールの形成

 

謝ることの出来ないひとの多くは、過去に褒められた経験が少ないひとに多い。
というのも、自分の中では頑張ったという自負があるのに褒められなかったという事実が、自分の非を認めない自我に繋がっている。

つまり、どれだけ頑張っても結局は褒められることがないのなら、自分の非を認めて謝ることをしないのも当然。
と、歪んだオリジナルルールが、知らず知らずのうちに身に付いてしまっているだけなのだ。

謝らない性格は、悪循環を生んでしまうことも多い。敵が増えてしまうことで誰かに頼ることができなくなり、すべてをひとりで抱え込む。その孤立感が、攻撃的な態度となって現れ、甘えることもできなくなってしまう。

奥さんの生い立ちは、まさにわたしの推測通りだった。

彼はその話を聞いて、みるみる活きのある男の顔になった。弱いものを守ろうとする強者の顔である。

「そういう事だったのか。俺にすべてを委ねさせて、甘えさせてあげよう」

彼は、勇敢で深い愛情溢れる顔でそう話してくれた。甘えられる環境を作ることで孤立感を振り払い、意固地な性格から解放してあげようと考えたようだ。

ただ、彼女自身が自らの性格を認めて受け入れることが第一歩だということを考えると、時間はかかるであろう。

それでもゆっくり愛情をかけて、本気で向き合っていけば必ず変われるとあたしは信じている。

 

 

■大切なのは、本質と向き合うこと

 

終点の駅、あたしは急いで乗り換えの新幹線に向かった。
別れ際、乗り換えでごった返すホームの雑踏の中で「仲直りしなさいよー!」と大声で叫ぶと、「わかりましたー!」と彼も大きな笑顔で返してきた。

〝大切な人を失いたくない〟そんな彼の気持ちがあたしを引き寄せたのか。

人生を共にするうえで今この一瞬を生きることは大切だが、その一瞬の裏にはひとそれぞれの自己の形成がある。
一時の感情に流されず、愛を持って本質と向き合うことが重要なのだ。

 

 

■関連コラム

 

恋活に有利なボディ作りのポイントは「バストアップ」
気になる男性が自分をどう思っているかわかる心理テスト3選
意外と多い?「結婚しないほうが幸福な女子」判別法
人生を楽しめていないあなたへ!「終活」で気付く最高の人生とは

 

 

Gow!Magazine TOPへ

 

 

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ