恋愛

独身OL必見!社内恋愛の確率をあげる7つの習慣

社内恋愛

婚活ブームの昨今、巷では街コンや結婚相談所が流行っていますが、それよりもずっと有力な出会いの場があるのを見落としていませんか?


そう、職場です。


最近では減少傾向にあるものの、社内恋愛から結婚にいたるケースは多く、独身男女にとって優れた出会いの場であることは間違いありません。

というわけで今回は、社内恋愛の確率を上げる方法をご紹介します。


雇用問題が原因?社内恋愛が減ったワケ

2010年に国立社会保障・人口問題研究所が行った出生動向基本調査によると、社内恋愛がきっかけで結婚した夫婦は、1992年の35%をピークに年々減少、2010年には29.3%まで下がっています。


結婚アドバイザーの白河桃子氏は、その原因は就職氷河期の到来で職場の「社内出会いシステム」が機能しなくなったからでは、と指摘しています。


成果主義の導入や派遣社員の増加で、女性が会社に「仕事だけをしに」出社するようになり、その結果「職場での恋愛は不謹慎」という暗黙のルールが蔓延。

若い男女は貴重な「出会いの機会」を失ったというのです。


社内恋愛の確率を増やすコツ

では、かつてのように社内恋愛を盛んにするには、どう行動すれば良いのでしょうか?


●その1:残業は積極的に行う

派遣社員や契約社員は、正社員に比べて残業が少なく、定時になるとすぐに帰宅する傾向があります。

そしてそのために「飲みニケーション」に代表される、インフォーマルな付き合いが減少しているのです。


逆に言えば、残業を積極的に行えば、出会いのきっかけが増加するということ。


●その2:ランチのメンバーは固定しない

心理学には「ランチョンテクニック」という、人間関係を円滑するためのテクニックがあります。

食事や軽食をしながら会話をすると、ひとは相手に好意を持ちやすいため、商談や縁談をまとめやすくなるというものです。


この効果を活かすためには、ランチは固定のメンバーではなく、いろいろな方とするのが良いでしょう。

美味しい食事をしながら会話をすれば、意外な男性が恋愛候補になるかもしれません。


●その3:男性社員はライバルではなく、仲間である

正社員で雇用されると、男性社員をライバル視してしまいがち。

しかし、あまりに仕事熱心になるあまりカリカリしていては、貴重な出会いのきっかけを失いかねません。


「同じ目標を目指している」という仲間意識を大切にし、対立関係ではなく協力関係を築くようにしましょう。


●その4:女性社員を味方につける

社内恋愛の際に気になるのは、同僚たちの目。

下手をすれば「会社に恋愛をしに来ている」というレッテルを貼られかねません。


それを回避するには、やはり普段から同性を味方につけることが大切です。

男性だけではなく、女性ともインフォーマルな付き合いをして、心理的な距離を近づける努力をしましょう。


●その5:男性社員のミスを指摘する際は、言葉選びを慎重に

男性は、女性が思っている以上にプライドが高く、そのぶん傷つきやすい傾向があります。

男性の仕事のミスを指摘する場合「こんなこともできないの?」という態度は厳禁です。


相手のプライドを砕かないように、言葉選びは慎重にしましょう。


●その6:ここぞという時は大胆な決断を

社内恋愛は破綻した場合、リスクが高いのも事実。

しかし、慎重になりすぎては恋は始まりません。


意中の男性と接近するチャンスがあったら、時には大胆に行動することも必要です。

社内恋愛に失敗したからと言って死ぬわけではありません。前に進む勇気を持ちましょう。


●その7:ボディタッチで種まきを

社内恋愛が上手な女性は、必ずといって良いほどさりげないボディタッチを習得しています。

逆セクハラなんて思われそうですが、現実的に考えて、ボディタッチされただけで訴えるような男性はほとんどいません。

むしろ、自然なボディタッチは男性に好感を与え、恋愛感情の芽生えさえ起こしうるのです。


種は多く撒いておくに越したことはないので、どんどんボディタッチしましょう。


女性がオープンになれば社内恋愛は活性化する

草食化、経済力の低下、セクハラ問題などで、今の若い男性はなかなか女性を誘いにくくなっています。

特に職場での恋愛には、リスクの高さを考え、消極的にならざるを得ないのが現状です。


社内恋愛の減少は、女性が心理的にオープンになり、積極的な行動を起こすことで、かなりの部分を解決できます。


結婚相談所に高いお金を払う前に、今一度「社内出会いシステム」を見直してみてはいかがでしょうか。


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ