恋愛

恋の魔法?男をメロメロにさせる「別れ際の決めゼリフ」10選

男性を虜にする女性

デートや合コンが終わり、別れ際。あなたはなんと言って男性と別れていますか?


食事や会話を楽しむのはもちろんですが、別れ際の言葉こそ、男と女が次のステップに進むための重要なポイント。

男性が「帰したくない!」「また会いたい!」と思った、恋に効く魔法の決めゼリフを紹介します。


■男をメロメロにさせる決めゼリフ!

実は男をメロメロにさせていたこんな一言。あなたもマスターしてぜひ使ってみては?


●その1:「次はデートがしたいな」

「合コンで知り合い、意気投合した女の子と、3回目の食事をした帰り道で言われました。オレも彼女なのか、ただの飲み友達なのかハッキリさせたかったので、『次は、デートしよう』と告白できて良かった」(28歳/営業)


●その2:「終電に遅れたの、ワザとだよ」

「付き合って2か月のころ、『もうそろそろエッチしたい』と誘っても良いか迷っていたときだったので、きっかけをくれて嬉しかった」(30歳/出版)


●その3:「忘れもの……」

「デートの帰りに部屋まで送って行って、車を降りる彼女に『忘れ物はない?』って聞いたら、『忘れもの!』って振り向きざまにキスをされました。たまらん!」(32歳/エンジニア)


●その4:「明日、朝なに食べたい?」

「アパートまで送って行く途中、なぜかコンビニに入って行く彼女を慌てて追いかけたら言われた言葉。一瞬、意味が分からなかったけど、泊まってもいいんだとわかった瞬間、キュンとしましたね」(27歳/IT)


●その5:「振り向いたら負けだからね!」

「アラサーにもなって、子供っぽい彼女だなぁと思うこともあるけど、かわいくってとても離すことができません」(35歳/整体師)


●その6:「バイバイって言わないとダメかな?」

「そういった彼女の顔が、真っ赤になっていたので、思わず抱きしめたくなりました。なんて可愛いんだろうと惚れ直したセリフです」(34歳/設計士)


●その7:「それ、帰るフリでしょ?」

「いつものように、彼女の部屋まで送って行って『バイバイ!』って手を振ったら、突然言われたセリフ。勝気な彼女が、ちょっと寂しそうに見えてキュンときちゃいました」(30歳/製造・メーカー)


●その8:「今日は、ここまで。また今度ね……」

「手を繋いだ帰り道でキスをしたら、笑いながら耳元で囁くように言われました。年上女性の余裕と、次への期待感で、その夜は眠れませんでした」(28歳/アパレル)


●その9:「もう、いいの?」

「オレの誕生日に、『なんでもしてあげるよ!』と言ってくれた彼女と、一日中一緒に遊んで、『今日は、ありがとう』とお礼を言ったら、こう切り返されました。サイコーな彼女です!」(29歳/金融)


●その10:「また、待たなくちゃいけないんだね……」

「自分の転勤で遠距離恋愛になってしまったけど、あまり寂しそうにしていなかった彼女の本心を知った一言でした」(28歳/不動産)


■微妙な関係に効果絶大!

意味深なものから、直球勝負のものまでさまざまな決めゼリフがありましたね。とくに、微妙な関係からステディな間柄になれる道を切り開く際、別れぎわの決めゼリフは効果絶大のようです。


「彼との関係をもっと親密にしたい」「意中の男性に好意を伝えたい」と思い悩んでいる女性は、別れぎわの決めゼリフに賭けてみるのもアリかも?


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ