恋愛

かわいい弟分だったはずが…?年下社員が恋愛対象になった瞬間

いくら佐藤健似のイケメン部下に好意を寄せられても、やっぱり年下社員は頼りない弟のようにしか見えないというひとも多いでしょう。でも、こんな点に注目してみると、男らしい彼らの魅力にドキッとしてしまうかも。

そこで今回は、働くアラサー女子たちに「かわいい弟分だと思っていた年下社員が恋愛対象になった瞬間」を聞いてみました。


年下社員が恋愛対象になった瞬間

「社会人経験も浅い若造なんて、弟にしか見えない!」と思っていたのに、意外と男らしい一面もあるのです。


●その1:職場に活気を与えてくれたとき

「当時、お店の売り上げが伸び悩んでいるときに、アルバイトとして入ってきた大学生の彼。若さあふれる彼との仕事は刺激的でした。彼が入ってきてから、お店の売り上げも右肩上がり。みんなをグイグイ引っ張っていく彼に、年下なのに妙な頼もしさを感じちゃいました」(27歳/販売)


●その2:将来有望株だったとき

「飲み会の席で上司にベタ褒めされていた新人くん。なんでも、最近入社してきた社員のなかでいちばん仕事の出来がいいみたい。同僚からも『あいつは、出世しそうだな』と一目置かれています。当時、私は年上彼氏と付き合っていたのですが、その新人くんの将来性に惚れて、思わず乗り換えちゃいました」(28歳/IT)


●その3:青春の甘酸っぱさを味わえたとき

「今まで10歳ほど年上の男性とばかり付き合ってきた私は、若者のようなデートをする機会が皆無でした。今年新入社員で入ってきた男性にデートに誘われたので興味本位でOKすることに。そして遊園地に行ったり、ゲームセンターで遊んだり、なんだかもう一度青春をやり直しているみたいで、新鮮な気持ちになれます」(29歳/小売)


●その4:反応が無邪気だったとき

「あるとき、私のメガネをうっかり壊してしまった男性部下。『弁償します!』と言われましたが、そんなに高いものじゃないからと断ると『じゃあ、せめてメシでも!』と、牛丼チェーンの牛丼を奢ってもらいました。弁償が牛丼かあと思いながら、ふと隣を見やると、彼が『やっぱりうまいっすね、牛丼は』と笑顔で牛丼を頬張っていて、不覚にも胸キュン。それから彼をひとりの男性として意識し始めましたね。無邪気さに惚れてしまいました」(31歳/広告)


●その5:わがままを聞き入れてくれたとき

「相手が年下ということで、つい気を許して仕事の愚痴やワガママも言いたい放題の私。それでも笑顔で文句を言わずに『うんうん』と話を聞いてくれる彼はなんて寛容なんだろう、と気づいたときには彼のことを好きになっている自分がいました」(26歳/保育士)


●その6:セクシーな体つきだったとき

「休日、洋服を買い漁っていた私は、荷物運びに職場の仲良しの後輩くんを呼び出しました。いつもダサい服を着ているので、パシリにしたお礼に服を買ってあげることに。試着室からチラッと彼の見事に鍛えられた上半身が見えた瞬間、後輩くんとのセックスを想像してしまいました。それ以来、後輩くんの身体にしか目がいきません(笑)」(29歳/旅行代理店)


年下社員はかわいいだけじゃない!

今は社会的な経験値が浅くても、これからどう成長するのかを見届ける楽しみがあるのが年下社員の魅力です。さらに、仕事にひたむきで、なにかに夢中になれる純粋さや素直さは、まさに若さの特権と言えますよね。


「年下なんて仕事もできないし、まだまだ子ども」と思っていたら損ですよ!


女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ