恋愛

彼氏候補から削除!非モテ男子が言いがちな「女にモテない会話」

男女のグループ

お店は下調べしておいてほしい、食事代はおごってもらいたらうれしい、支払いはモタつかずスマートに……。ステキなデートをする男性の条件は色々ありますが、もっとも肝心なのがデート中の会話ではないでしょうか。会話が盛り上がれば、そのまま恋心も盛り上がってしまいますよね。


逆に、彼に恋愛のテンションを下げる会話というものも存在します。そこで、女性たちに「女にモテない会話」をリサーチしてみました。


非モテ男子が言いがちな「女にモテない会話」

デートでこんな会話をしてくる男っていませんか? そいつは間違いなく非モテ男子です!


●その1:原価を追求する

「ある男性とデートに行き、ランチにパスタを選びました。そしたら彼が『パスタの原価って考えたことある? 店は1200円取ってるけど、そもそもパスタなんて安いんだから原価は100円ぐらい。パスタ選ぶとかありえないよ』って言い出すんです。食べたいもの食べて何が悪いの? 原価なんて考えるほうがバカバカしい! 無視してパスタ注文しました」

(27歳/IT)


●その2:漢字を知らない

「趣味で通っている料理教室は、お酒に合うおつまみがテーマなので男性も多く通っています。そこで25歳の年下男子と知り合い、メール交換をしました。彼に『料理教室はどれぐらいのペースで行ってるんですか?』と聞かれたので『隔週で通っているよ。また会えるといいね』と返信。そしたらなんと『隔週ってどういう意味ですか?』という返事が! 

その年齢で隔週という単語を知らなかったのも驚愕だし、それを調べもせずに聞いてくる神経にも驚愕。あまりにもバカすぎると恋愛対象になりませんね」

(30歳/派遣事務)


●その3:クレーマー気質

「気になっている男性が、週末に電気屋さんに行くと言うからついて行くことに。先週買ったモバイルWiFiの返品に行くとか。店に着いた彼は、ふだんのキャラから一変して『ネットが使えんせいで大事な仕事の連絡取り損ねたぞ。つながらんモン売りつけて、ネットインフラ名乗る筋合いないんちゃうか?』とクレーマー全開! 結局解約したうえで商品券ももらったみたい。『こういうのは落としどころを明確にして交渉するのがコツ。けっこうこの手で商品券かせいでるよ』と得意げな顔。恋心なんて一瞬で吹っ飛んだ」

(25歳/食品メーカー)


●その4:料理の粗探し

「仕事もできて家事も完璧な年上彼氏ができて、ゆくゆくは結婚したいなと思っていた。でも、デートで外食をするといつも料理に対して文句を言うことに気づいた。『これ、ソースの味が濃過ぎない?オレだったら香味油としょうゆで味付けするな』とか、自分がなまじ料理できるもんだから粗探ししちゃうみたい。このひとと結婚したら私が作った料理にもケチつけられそうで、一気に冷めて別れてしまいました」

(29歳/語学学校事務)


●その5:いじめ自慢

「イケメンな先輩社員に食事に誘われたので超ノリノリで行ってきた。先輩は話もおもしろくて、モテ男だな~という感じ。でも、どうしても気になるのがいじめ自慢をするところ。『研修で休日出勤の日、ヒマだったから後輩を会社に呼び出したんだけどそいつが来る前にみんなで帰ってやった。超ウケるよね』とか笑いながら言ってくる。今まであこがれてたけど、その一件でガキっぽいなと思うようになってしまった」

(26歳/機器メーカー)


●その6:貧乏自慢

「合コンで知り合った男性と話が合ったので後日デートに。いいひとだったけど、お付き合いはないかな~って感じ。だって話す内容が『携帯が毎月止まる』とか『先週は白米としょうゆだけで生き延びたよ』とか言われてもまったく惚れないよね(笑)友達としては会ってもいいけど」

(28歳/ウェブデザイナー)

 

モテない会話をする男と出会ったら?

デートでの会話があまり盛り上がらない男性とはお付き合いに発展しづらいですよね。ドン引きしてしまう内容ならなおさらです。


でも、男性がこのような「モテない会話」をしてきても、ダメ出しや反論をしてはいけません。彼らはあくまでも楽しませるためにこの会話をしているのです。ただ、そのセンスが残念だっただけ。


華麗にスルーして、フェイドアウトするのが大人の対応です。


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ