恋愛

独りで頑張りすぎが裏目に?男受けが悪い「甘えべた女」の特徴

風邪をひいても自力で回復し、重い荷物も気力で運ぶのも当然……。

「もう若くもないし、ひとに頼らず自分でなんとかせねば!」と頑張ってしまうアラサー女性をたまに見かけます。独りで頑張りすぎて、甘えかたを忘れてしまったという独身女性も多いのでは?

そんな「甘えベタ女」は、実は男受けが悪いらしいのです! 男性が避けてしまう「甘えベタ女」の特徴をご紹介します。


男受けが悪い「甘えべた女」の特徴

上手に甘えることができない女性を、男性はどう思っているのかリサーチしてみました。


●その1:甘えの加減が分からない女

「自分のことはなんでも自分でする彼女だったので、ちょっとは頼りにして欲しいなと思って『もっと甘えていいんだよ』と言いました。そしたら彼女、どんなことでも受け入れてくれると勘違いしたのか、次々と要求をぶつけてきて……。甘えてこなかったから、甘えて良い限度が分からないんですかね。正直うんざりしました」(30歳/スポーツトレーナー)


●その2:素直さがない女

「ギャルみたいな自由奔放な女とばかり付き合っていたので、いまの彼女は奥ゆかしくって良い感じ。でも、食事をごちそうしても、照れているのか『ごめんね』『こんなことしてもらって悪い』と、遠慮する言葉ばかり……。ギャルに『あれ欲しい!』『これ食べたい!』と、素直に甘えられていたときのほうが男として幸せだったかも」(27歳/ショップ店員)


●その3:計算して甘える女

「ふだんはバリバリのキャリアウーマンな彼女ですが、仕事が大変なときや、体調が悪いときなどに甘えてきます。最初は頼りにされていると思って喜んで彼女の期待に応えていましたが、こっちが断りにくいときに、あえて無理なお願いをして来るのが見え見え……。ひとの心を試すような彼女にドン引きです」(31歳/自営業)


●その4:後から不満を漏らす女

「誕生日に欲しいものを聞いても、『そんなの良いよ~』と言っていたのですが、なにか渡したくて彼女にネックレスをプレゼントしました。すると『ありがとう』も言わずに、あからさまに気に入らない態度の彼女……。後から『ピアスのほうが良かったんだって』と彼女の女友達が伝えて来たけど、だったら最初っから『ピアスが欲しい』って言えばいいのに」(33歳/出版)


いくつになっても甘えてOK!

自立した女を目指したがために、甘え方が分からなくなり、男性に疎ましがられるアラサー女性はなんだか切ないですね……。


筆者もそうなのですが、甘えベタな女性は男性に甘えることを「楽してる」「ズルイ!」と感じ、いけないことだと思ってしまうのです。しかし男性の意見を聞くと、「甘えは女性の武器」だということがよく分かりました。


男性は女性(いくつになっても!)がかわいく甘える姿に弱いということを理解することが、甘えべた脱出の第一歩になりそうです。


女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ