恋愛

人任せ男、モジモジ男、ハイエナ男…残念な街コン参加男性の特徴

 

 

婚活市場で勢いを伸ばす「街コン」。街コンを応援するサイト『街コンジャパン』が「返金保証制度」や「街コン専用サークル」を取り入れるなど、そのシステムも進化しています。
婚活ライターの筆者は、参加人数が1000人を超える大規模な街コンに参戦!
「男性が500人もいれば、出会いのひとつやふたつ……ムフフ」と、期待に胸を躍らせていました。しかし、筆者が見たのはなんとも残念な男たちだったのです。

 

 

■残念な街コン参加男性の特徴

 

街コンは一度にたくさんの男性と出会える良いチャンスです。ですが、こんな残念な男たちばかりでは「こんな男に出会いたいわけじゃない!」と叫ばずにいられません。

 

 

●その1:スタッフまかせの男

 

参加店舗のなかから自分たちの行きたいお店を選び、そこにいる参加者と会話を楽しむのが街コンの醍醐味。なのに、地図を片手にスタッフに道案内をさせる男たち。着いた先が小さなバーだと、気まずいからなのかスタッフに扉を開けさせようやく店内に入り、話しかけるのも全部スタッフ経由……。見ていて情けなくなりました。

 

 

●その2:モジモジしてつるむ男たち

 

司会者がいるカップリングパーティーと違い、自分から話しかけないと何も始まらないのが街コン。したがって、そんな勇気も気力も持ち合わせていない、草食系のモジモジ男子たちは終始店の片隅に溜まっていきます。自縛霊がどんどん仲間を呼び集めるかのように増えていく男たち。
「出会いが欲しくて金払って来てるんでしょ? 今さら恥ずかしがってないで女の子と話しなさいよ!」と、店員のおばちゃんにバンバン背中を叩かれていました。

 

 

●その3:街コンに紛れてナンパするハイエナ男

 

街コンの参加者は腕に専用リストバンドをしており、お互いに分かるようになっていました。しかしそのバンドがない男たちが、参加女性に声をかけまくっていたのです。彼らの言い分によると「だって参加費高いじゃん!」(男性参加費6500円)とのこと。ハイエナみたいなセコいナンパなんて残念すぎます。

 

 

●その4:ただの酔っ払い男

 

参加資格は「20歳以上で同性のグループ」という条件だけなので、20代の若者もいれば40代の中年グループも参加していました。イベントも中盤を過ぎたころ、それまで若い女性から避けられていた中年男性集団が憂さ晴らしのように飲み始め、酔っ払って大声で暴れだすという惨事がいたるところで繰り広げられていました。そんなんだから避けられるのでは?

 

 

●その5:なりふり構わずな男

 

時間が残り30分を切ったころ、ひとりでも多くの女性のアドレスをゲットしたい男性たちが、手当たり次第に次々と女性に声をかけまくっていました。突然目の前に来て「アドレス交換できる?」「無理?」だけでは、そりゃ無理でしょう……。

 

 

■街コンで見たのは「残念な男」の見本市

 

出会いを期待して参加したのに、相手にされず酒におぼれるおっさん集団を見るのは、正直心が苦しかったです……。
しかし、そんなおっさんを横目に「ああはなりたくないよねぇ~」とで呟く自縛霊集団の男たちは一刻も早く成仏して、この世から旅立って欲しいと思いました。

 

500人のなかに果たしてどれだけのイイ男がいるのか……。筆者の街コン研究は今後も続きます。

 

 

◆街コン自体にも当たり外れが…
「こんな街コンはイヤだ!」企画者が残念すぎる街コンの特徴5選

 

 

■関連コラム
祝Gow!Magazine1周年!誕生から1年の軌跡

ソーシャルの恐怖!元カノのストーカー行為選

「アダルト系男子」を彼氏にすべき理由

「アベンジャーズ」のイイ男すぎるヒーロー5選

女の失敗セックス4選

 

 

Gow!Magazine TOPへ

 

 

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ